旅行

Barjacのブロカント | 2016/03 その1

最近仲良くなった軍物スタンドのG氏が教えてくれた、南フランスのバルジャック村のブロカントへ。 バルジャック村の存在は、数年前に観た映画「未来の食卓」の舞台として知っていた。劇中のなんとも美しい風景と街並みに、「年老いて田

/ Barjacのブロカント | 2016/03 その1 はコメントを受け付けていません。

Barjacのブロカント | 2016/03 その1

最近仲良くなった軍物スタンドのG氏が教えてくれた、南フランスのバルジャック村のブロカントへ。 バルジャック村の存在は、数年前に観た映画「未来の食卓」の舞台として知っていた。劇中のなんとも美しい風景と街並みに、「年老いて田

/ Barjacのブロカント | 2016/03 その1 はコメントを受け付けていません。

日本でのブロカント

パリにいようと日本に行こうと、気づけば古い物のにおいに惹かれて、フラフラと買い物をしている。 以下、今回の日本旅行道中での収穫。 奈良の不思議な雑貨店で見つけた、「東海道五十三次」がモチーフのハガキ(大正から昭和初期製と

/ 日本でのブロカント はコメントを受け付けていません。

日本でのブロカント

パリにいようと日本に行こうと、気づけば古い物のにおいに惹かれて、フラフラと買い物をしている。 以下、今回の日本旅行道中での収穫。 奈良の不思議な雑貨店で見つけた、「東海道五十三次」がモチーフのハガキ(大正から昭和初期製と

/ 日本でのブロカント はコメントを受け付けていません。

Saint-Maloの骨董屋で買ったもの

5月半ば、大西洋岸の港町Saint-Maloに旅した際に、町の骨董屋で見つけたもの。 この店には2度行って2度とも閉まっていた(営業日で営業時間と書いてある日時なのに)。パリに戻る日の午後に、ダメ元で最後にもう1度寄った

/ Saint-Maloの骨董屋で買ったもの はコメントを受け付けていません。

Saint-Maloの骨董屋で買ったもの

5月半ば、大西洋岸の港町Saint-Maloに旅した際に、町の骨董屋で見つけたもの。 この店には2度行って2度とも閉まっていた(営業日で営業時間と書いてある日時なのに)。パリに戻る日の午後に、ダメ元で最後にもう1度寄った

/ Saint-Maloの骨董屋で買ったもの はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その4

フォンテーヌブロー城の遠足日記、ナポレオン編。城内の一部がナポレオン博物館になっていて、なかなか見応えあり。 こんな素敵な上着を着ていたとは、ナポレオン… ナポレオンの帽子。ゾウを飲みこんだウワバミに見えてし

/ Fontainebleau城へ遠足 その4 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その4

フォンテーヌブロー城の遠足日記、ナポレオン編。城内の一部がナポレオン博物館になっていて、なかなか見応えあり。 こんな素敵な上着を着ていたとは、ナポレオン… ナポレオンの帽子。ゾウを飲みこんだウワバミに見えてし

/ Fontainebleau城へ遠足 その4 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その3

フォンテーヌブロー城の遠足日記、壁編。 現代の住宅にも合いそうな、すてきな壁紙を発見。 子供の頃、こういうクネクネした模様に、無性に憧れたのを思い出しながら撮影。 ミュージアムショップで販売されている図録の表紙にもなって

/ Fontainebleau城へ遠足 その3 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その3

フォンテーヌブロー城の遠足日記、壁編。 現代の住宅にも合いそうな、すてきな壁紙を発見。 子供の頃、こういうクネクネした模様に、無性に憧れたのを思い出しながら撮影。 ミュージアムショップで販売されている図録の表紙にもなって

/ Fontainebleau城へ遠足 その3 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その2

フォンテーヌブロー城の遠足日記、天井編。見上げ続けて首が痛くなるほどの、コテコテに凝った天井ばかり。 これはどこだったか忘れた。 舞踏の間の天井、八角形のデザイン。 部屋と部屋の間にあった、楕円型の天井の一角。 フランソ

/ Fontainebleau城へ遠足 その2 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その2

フォンテーヌブロー城の遠足日記、天井編。見上げ続けて首が痛くなるほどの、コテコテに凝った天井ばかり。 これはどこだったか忘れた。 舞踏の間の天井、八角形のデザイン。 部屋と部屋の間にあった、楕円型の天井の一角。 フランソ

/ Fontainebleau城へ遠足 その2 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その1

先週の木曜日、友人Hさんとフォンテーヌブロー城まで日帰り小旅行。 朝10時にGare de Lyon駅で待ち合わせたのだが、出発ホール(Hall 1)がだだっ広く横長く、お互いの姿が見つからずに焦る。 最初に私が見た掲示

/ Fontainebleau城へ遠足 その1 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その1

先週の木曜日、友人Hさんとフォンテーヌブロー城まで日帰り小旅行。 朝10時にGare de Lyon駅で待ち合わせたのだが、出発ホール(Hall 1)がだだっ広く横長く、お互いの姿が見つからずに焦る。 最初に私が見た掲示

/ Fontainebleau城へ遠足 その1 はコメントを受け付けていません。

Troyesへ日帰り旅 その4(終)

中央屋内市場前から1番バスに乗って、トロワ名物のアウトレットモールへ。車内は37度くらいあったんじゃなかろうか、乗客全員ゾンビ状態。車中の15分が、永遠のごとく長い。 到着して真っ先に、バス停すぐ横のカフェで炭酸水を一気

/ Troyesへ日帰り旅 その4(終) はコメントを受け付けていません。

Troyesへ日帰り旅 その4(終)

中央屋内市場前から1番バスに乗って、トロワ名物のアウトレットモールへ。車内は37度くらいあったんじゃなかろうか、乗客全員ゾンビ状態。車中の15分が、永遠のごとく長い。 到着して真っ先に、バス停すぐ横のカフェで炭酸水を一気

/ Troyesへ日帰り旅 その4(終) はコメントを受け付けていません。

Troyesへ日帰り旅 その3

博物館を出て、昼食にはまだ早いので、教会を見学することに。途中の道で見かけたレストランが良さげだったので、ランチの店はここに決定。半時間後に迫った食事を楽しみにしつつ、50mほど離れたSainte-Madeleine教会

/ Troyesへ日帰り旅 その3 はコメントを受け付けていません。

Troyesへ日帰り旅 その3

博物館を出て、昼食にはまだ早いので、教会を見学することに。途中の道で見かけたレストランが良さげだったので、ランチの店はここに決定。半時間後に迫った食事を楽しみにしつつ、50mほど離れたSainte-Madeleine教会

/ Troyesへ日帰り旅 その3 はコメントを受け付けていません。

Troyesへ日帰り旅 その2

トロワ観光で必ず行きたいと思った美術館、Maison de l’Outil et de la Pensée Ouvrière(職人の道具と思想の博物館)。 ずんぐりした迫力のある、コの字型の建物に、手入れの行き届いた中庭

/ Troyesへ日帰り旅 その2 はコメントを受け付けていません。

Troyesへ日帰り旅 その2

トロワ観光で必ず行きたいと思った美術館、Maison de l’Outil et de la Pensée Ouvrière(職人の道具と思想の博物館)。 ずんぐりした迫力のある、コの字型の建物に、手入れの行き届いた中庭

/ Troyesへ日帰り旅 その2 はコメントを受け付けていません。

Troyesへ日帰り旅 その1

先週の木曜日には、友人AさんとTroyes(トロワ)へ日帰り旅行。パリ東駅からは特急列車で1時間半ほど。ちょうどいい時間に着く電車がなくて、朝7:11発の列車になる。2人とも5時起き。 トロワ駅に着くと、駅の正面口前でラ

/ 2 Comments

Troyesへ日帰り旅 その1

先週の木曜日には、友人AさんとTroyes(トロワ)へ日帰り旅行。パリ東駅からは特急列車で1時間半ほど。ちょうどいい時間に着く電車がなくて、朝7:11発の列車になる。2人とも5時起き。 トロワ駅に着くと、駅の正面口前でラ

/ 2 Comments

南仏の町 Barbentane その12(終)

南フランスの夏休みシリーズ、やっと最終回。 アヴィニヨンTGV駅は、なんか見るたびにワクワクする建物。 駅の構内の、ホーム直通の2階部分に向かってゆるやかに上るスロープ通路。全長350m、船体をイメージして作られたらしい

/ 2 Comments

南仏の町 Barbentane その12(終)

南フランスの夏休みシリーズ、やっと最終回。 アヴィニヨンTGV駅は、なんか見るたびにワクワクする建物。 駅の構内の、ホーム直通の2階部分に向かってゆるやかに上るスロープ通路。全長350m、船体をイメージして作られたらしい

/ 2 Comments

南仏の町 Barbentane その11

南仏での夏休みシリーズ、ブロカント編。 義父宅のダイニングルームのすみに鎮座する、このオブジェ。 昔のコンロ。ガスか石油のどちらのコンロかを訊き忘れた。 このアケビの実みたいな細長い口から炎が出る。義父たちは花器として使

/ 南仏の町 Barbentane その11 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その11

南仏での夏休みシリーズ、ブロカント編。 義父宅のダイニングルームのすみに鎮座する、このオブジェ。 昔のコンロ。ガスか石油のどちらのコンロかを訊き忘れた。 このアケビの実みたいな細長い口から炎が出る。義父たちは花器として使

/ 南仏の町 Barbentane その11 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その10

南仏での夏休みシリーズ、食べ物編。 この家での普段の料理担当は義父。 来客時のバーベキュー担当も義父。 私も渡仏当初から大好きなJean Martinのラタトゥイユやナスのソースを、義父たちも好んでよく食べているらしい。

/ 南仏の町 Barbentane その10 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その10

南仏での夏休みシリーズ、食べ物編。 この家での普段の料理担当は義父。 来客時のバーベキュー担当も義父。 私も渡仏当初から大好きなJean Martinのラタトゥイユやナスのソースを、義父たちも好んでよく食べているらしい。

/ 南仏の町 Barbentane その10 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その9

Barbentaneの町で見つけたもの。 やすらかリタイア通りじゃんじゃん働いたしこれからはエンジョイするジャン村 ある個人宅のガレージ扉に貼られた、道路標識のパロディー。ジャンさんの退職記念に、同僚が贈ったんだろうな。

/ 南仏の町 Barbentane その9 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その9

Barbentaneの町で見つけたもの。 やすらかリタイア通りじゃんじゃん働いたしこれからはエンジョイするジャン村 ある個人宅のガレージ扉に貼られた、道路標識のパロディー。ジャンさんの退職記念に、同僚が贈ったんだろうな。

/ 南仏の町 Barbentane その9 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その8

タラスコン城の見学の続き。 このイラストの順番どおりに進む。日本語のリーフレットもあって驚いた、タラスコンってわりと有名な観光地だったんだ。 城の屋上。暖炉が巨大なので、その煙突も大きい! 眼下にはローヌ川。遠くに風力発

/ 南仏の町 Barbentane その8 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その8

タラスコン城の見学の続き。 このイラストの順番どおりに進む。日本語のリーフレットもあって驚いた、タラスコンってわりと有名な観光地だったんだ。 城の屋上。暖炉が巨大なので、その煙突も大きい! 眼下にはローヌ川。遠くに風力発

/ 南仏の町 Barbentane その8 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その7

自転車で遠出の2日目。 フリゴレ大修道を経由して、グラヴゾンという町へ。ここはあまり面白くなかったので、写真なし。 その翌日は義父宅から南西に約15km離れた町、Tarasconへ。心配していた臀部の筋肉痛(硬いサドルで

/ 南仏の町 Barbentane その7 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その7

自転車で遠出の2日目。 フリゴレ大修道を経由して、グラヴゾンという町へ。ここはあまり面白くなかったので、写真なし。 その翌日は義父宅から南西に約15km離れた町、Tarasconへ。心配していた臀部の筋肉痛(硬いサドルで

/ 南仏の町 Barbentane その7 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その6

Saint-Michel de Frigolet大修道院からさらに7km先の町、Boulbonへ自転車を走らせる。 田舎の国道を延々と走る。プロヴァンス地方特有のグレーの岩肌を背景にリンゴ畑と梨畑が続く、南フランスらしい

/ 南仏の町 Barbentane その6 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その6

Saint-Michel de Frigolet大修道院からさらに7km先の町、Boulbonへ自転車を走らせる。 田舎の国道を延々と走る。プロヴァンス地方特有のグレーの岩肌を背景にリンゴ畑と梨畑が続く、南フランスらしい

/ 南仏の町 Barbentane その6 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その5

車を持たず、どこに旅しても徒歩での移動を楽しむわれわれ。長い滞在も都市部なら飽きないのだが、自然だらけの田舎では、少々苦しい時もある。 自転車があれば、遠出できるし運動にもなるしで一石二鳥だ。義父宅ガレージでの保管を快く

/ 南仏の町 Barbentane その5 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その5

車を持たず、どこに旅しても徒歩での移動を楽しむわれわれ。長い滞在も都市部なら飽きないのだが、自然だらけの田舎では、少々苦しい時もある。 自転車があれば、遠出できるし運動にもなるしで一石二鳥だ。義父宅ガレージでの保管を快く

/ 南仏の町 Barbentane その5 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その4

散歩の続き、iPhoneで撮影分。 ほぼ毎日会っていたロバ。赤みがかったグレーの、きれいな毛並み。最後の日には、金網ごしに体をなでさせてくれた。ロバって目が大きいのだなと、間近で見て驚いた! ロバと同じ家に住む、ヤギ2匹

/ 南仏の町 Barbentane その4 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その4

散歩の続き、iPhoneで撮影分。 ほぼ毎日会っていたロバ。赤みがかったグレーの、きれいな毛並み。最後の日には、金網ごしに体をなでさせてくれた。ロバって目が大きいのだなと、間近で見て驚いた! ロバと同じ家に住む、ヤギ2匹

/ 南仏の町 Barbentane その4 はコメントを受け付けていません。