旅行

Troyesへ日帰り旅 その2

トロワ観光で必ず行きたいと思った美術館、Maison de l’Outil et de la Pensée Ouvrière(職人の道具と思想の博物館)。 ずんぐりした迫力のある、コの字型の建物に、手入れの行き届いた中庭

/ Troyesへ日帰り旅 その2 はコメントを受け付けていません。

Troyesへ日帰り旅 その2

トロワ観光で必ず行きたいと思った美術館、Maison de l’Outil et de la Pensée Ouvrière(職人の道具と思想の博物館)。 ずんぐりした迫力のある、コの字型の建物に、手入れの行き届いた中庭

/ Troyesへ日帰り旅 その2 はコメントを受け付けていません。

Troyesへ日帰り旅 その1

先週の木曜日には、友人AさんとTroyes(トロワ)へ日帰り旅行。 パリ東駅からは特急列車で1時間半ほど。ちょうどいい時間に着く電車がなくて、朝7:11発の列車になる。2人とも5時起き。 トロワ駅に着くと、駅の正面口前で

/ 2 Comments

Troyesへ日帰り旅 その1

先週の木曜日には、友人AさんとTroyes(トロワ)へ日帰り旅行。 パリ東駅からは特急列車で1時間半ほど。ちょうどいい時間に着く電車がなくて、朝7:11発の列車になる。2人とも5時起き。 トロワ駅に着くと、駅の正面口前で

/ 2 Comments

南仏の町 Barbentane その12(終)

南フランスの夏休みシリーズ、やっと最終回。 アヴィニヨンTGV駅は、なんか見るたびにワクワクする建物。 駅の構内の、ホーム直通の2階部分に向かってゆるやかに上るスロープ通路。 全長350m、船体をイメージして作られたらし

/ 2 Comments

南仏の町 Barbentane その12(終)

南フランスの夏休みシリーズ、やっと最終回。 アヴィニヨンTGV駅は、なんか見るたびにワクワクする建物。 駅の構内の、ホーム直通の2階部分に向かってゆるやかに上るスロープ通路。 全長350m、船体をイメージして作られたらし

/ 2 Comments

南仏の町 Barbentane その11

南仏での夏休みシリーズ、ブロカント編。 義父宅のダイニングルームのすみに鎮座する、このオブジェ。 昔のコンロ。ガスか石油のどちらのコンロかを訊き忘れた。 このアケビの実みたいな細長い口から炎が出る。 義父たちは花器として

/ 南仏の町 Barbentane その11 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その11

南仏での夏休みシリーズ、ブロカント編。 義父宅のダイニングルームのすみに鎮座する、このオブジェ。 昔のコンロ。ガスか石油のどちらのコンロかを訊き忘れた。 このアケビの実みたいな細長い口から炎が出る。 義父たちは花器として

/ 南仏の町 Barbentane その11 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その10

南仏での夏休みシリーズ、食べ物編。 ふだんの料理担当は義父。 バーベキュー担当も義父。 渡仏当初から大好きなJean Martinのラタトゥイユやナスのソースを、義父たちも好んでよく食べているらしい。こういうグルメ職人系

/ 南仏の町 Barbentane その10 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その10

南仏での夏休みシリーズ、食べ物編。 ふだんの料理担当は義父。 バーベキュー担当も義父。 渡仏当初から大好きなJean Martinのラタトゥイユやナスのソースを、義父たちも好んでよく食べているらしい。こういうグルメ職人系

/ 南仏の町 Barbentane その10 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その9

Barbentaneの町で見つけたもの。 やすらかリタイア通り じゃんじゃん働いたしこれからはエンジョイするジャン村 ある個人宅のガレージ扉に貼られた、道路標識のパロディー。 ジャンさんの退職記念に、同僚が贈ったんだろう

/ 南仏の町 Barbentane その9 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その9

Barbentaneの町で見つけたもの。 やすらかリタイア通り じゃんじゃん働いたしこれからはエンジョイするジャン村 ある個人宅のガレージ扉に貼られた、道路標識のパロディー。 ジャンさんの退職記念に、同僚が贈ったんだろう

/ 南仏の町 Barbentane その9 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その8

タラスコン城の見学の続き。 このイラストの順番どおりに進む。日本語のリーフレットもあって驚いた、タラスコンってわりと有名な観光地だったんだ。 城の屋上。暖炉が巨大なので、その煙突も大きい! 眼下にはローヌ川。遠くに風力発

/ 南仏の町 Barbentane その8 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その8

タラスコン城の見学の続き。 このイラストの順番どおりに進む。日本語のリーフレットもあって驚いた、タラスコンってわりと有名な観光地だったんだ。 城の屋上。暖炉が巨大なので、その煙突も大きい! 眼下にはローヌ川。遠くに風力発

/ 南仏の町 Barbentane その8 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その7

自転車で遠出の2日目。 フリゴレ大修道を経由して、グラヴゾンという町へ。ここはあまり面白くなかったので、写真なし。 その翌日は、義父宅から南西に約15km離れた町、Tarasconへ。 心配していた臀部の筋肉痛(硬いサド

/ 南仏の町 Barbentane その7 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その7

自転車で遠出の2日目。 フリゴレ大修道を経由して、グラヴゾンという町へ。ここはあまり面白くなかったので、写真なし。 その翌日は、義父宅から南西に約15km離れた町、Tarasconへ。 心配していた臀部の筋肉痛(硬いサド

/ 南仏の町 Barbentane その7 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その6

Saint-Michel de Frigolet大修道院からさらに7km先の町、Boulbonへ自転車を走らせる。 田舎の国道を延々と走る。 プロヴァンス地方特有のグレーの岩肌を背景に、リンゴ畑と梨畑が続く。 南フランス

/ 南仏の町 Barbentane その6 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その6

Saint-Michel de Frigolet大修道院からさらに7km先の町、Boulbonへ自転車を走らせる。 田舎の国道を延々と走る。 プロヴァンス地方特有のグレーの岩肌を背景に、リンゴ畑と梨畑が続く。 南フランス

/ 南仏の町 Barbentane その6 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その5

車を持たず、どこに旅しても徒歩での移動を楽しむわれわれ。 長い滞在も都市部なら飽きないのだが、自然だらけの田舎では、少々苦しい時もある。 自転車があれば、遠出できるし運動にもなるしで一石二鳥だ。義父宅ガレージでの保管を快

/ 南仏の町 Barbentane その5 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その5

車を持たず、どこに旅しても徒歩での移動を楽しむわれわれ。 長い滞在も都市部なら飽きないのだが、自然だらけの田舎では、少々苦しい時もある。 自転車があれば、遠出できるし運動にもなるしで一石二鳥だ。義父宅ガレージでの保管を快

/ 南仏の町 Barbentane その5 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その4

散歩の続き、iPhoneで撮影分。 ほぼ毎日会っていたロバ。 赤みがかったグレーの、きれいな毛並み。最後の日には、金網ごしに体をなでさせてくれた。ロバって目が大きいのだなと、間近で見て驚いた! ロバと同じ家に住む、ヤギ2

/ 南仏の町 Barbentane その4 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その4

散歩の続き、iPhoneで撮影分。 ほぼ毎日会っていたロバ。 赤みがかったグレーの、きれいな毛並み。最後の日には、金網ごしに体をなでさせてくれた。ロバって目が大きいのだなと、間近で見て驚いた! ロバと同じ家に住む、ヤギ2

/ 南仏の町 Barbentane その4 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その3

夏休みシリーズ3回目。 町を散策した時の写真をいくつか。 国道沿いの風景。カマルグ名物の白い馬が放し飼い。 坂道を上ると、アングリカ塔が見えてくる。 近くで見ると迫力ある! 雑木林の中に突然、オリーブの木々が現れたりする

/ 南仏の町 Barbentane その3 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その3

夏休みシリーズ3回目。 町を散策した時の写真をいくつか。 国道沿いの風景。カマルグ名物の白い馬が放し飼い。 坂道を上ると、アングリカ塔が見えてくる。 近くで見ると迫力ある! 雑木林の中に突然、オリーブの木々が現れたりする

/ 南仏の町 Barbentane その3 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その2

まだ続きがある、義父宅の間取り。 1階のダイニングルームから外に出ると、テラスに上る階段がある。 強風ミストラルに吹き飛ばされたのか、蝉が1匹、弱々しく階段の端をよじ上っていた。プロヴァンスの蝉は小さくて、全長5cmくら

/ 南仏の町 Barbentane その2 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その2

まだ続きがある、義父宅の間取り。 1階のダイニングルームから外に出ると、テラスに上る階段がある。 強風ミストラルに吹き飛ばされたのか、蝉が1匹、弱々しく階段の端をよじ上っていた。プロヴァンスの蝉は小さくて、全長5cmくら

/ 南仏の町 Barbentane その2 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その1

7月の最終週。 義父と彼の妻が2年前に購入した家で、短い夏休みを過ごす。 夫は引っ越しの手伝いで2度ほど来たことがあるけれど、私は初訪問。 5月に予約したTGVの早割切符は、到着駅がアヴィニヨン「TGV駅」ではなく「中央

/ 南仏の町 Barbentane その1 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その1

7月の最終週。 義父と彼の妻が2年前に購入した家で、短い夏休みを過ごす。 夫は引っ越しの手伝いで2度ほど来たことがあるけれど、私は初訪問。 5月に予約したTGVの早割切符は、到着駅がアヴィニヨン「TGV駅」ではなく「中央

/ 南仏の町 Barbentane その1 はコメントを受け付けていません。

デュッセルドルフ旅行ふたたび 3

楽しい時間はあっという間に過ぎて、とうとうデュッセルドルフを経つ日。 ベビーカーを押して中央駅まで見送りに来てくれたMさんと別れ、ケルン行きのIC電車に乗車。往路とちがってずいぶん空いていたので、余裕で座れた。 乗車して

/ 2 Comments

デュッセルドルフ旅行ふたたび 3

楽しい時間はあっという間に過ぎて、とうとうデュッセルドルフを経つ日。 ベビーカーを押して中央駅まで見送りに来てくれたMさんと別れ、ケルン行きのIC電車に乗車。往路とちがってずいぶん空いていたので、余裕で座れた。 乗車して

/ 2 Comments

デュッセルドルフ旅行ふたたび 2

旅先であろうと、週末はブロカント。 デュッセルドルフの有名な蚤の市、Grossmarkt(グロースマルクト)に行くのは、これが2度目(1度目の様子はデュッセルドルフ旅行 4で)。 Mさんと一緒に思う存分楽しんだ! とにか

/ One Comment

デュッセルドルフ旅行ふたたび 2

旅先であろうと、週末はブロカント。 デュッセルドルフの有名な蚤の市、Grossmarkt(グロースマルクト)に行くのは、これが2度目(1度目の様子はデュッセルドルフ旅行 4で)。 Mさんと一緒に思う存分楽しんだ! とにか

/ One Comment

デュッセルドルフ旅行ふたたび 1

先週末のデュッセルドルフ旅行で食べたもの。 市場のイタリア惣菜のスタンドにて、前菜の盛り合わせプレート。 トマトソースのパスタ、すごい盛り(皿の直径30cm)。 平日は近隣のビジネスマンたちで満席の、人気スタンドだそう。

/ 2 Comments

デュッセルドルフ旅行ふたたび 1

先週末のデュッセルドルフ旅行で食べたもの。 市場のイタリア惣菜のスタンドにて、前菜の盛り合わせプレート。 トマトソースのパスタ、すごい盛り(皿の直径30cm)。 平日は近隣のビジネスマンたちで満席の、人気スタンドだそう。

/ 2 Comments

デュッセルドルフ旅行 4

楽しいデュッセルドルフの旅も、あっという間に最終日。 毎月第2日曜日に開催の蚤の市Grossmarktへ。 早起きして、まだ涼しいうちに到着する。 噂には聞いていたものの、この蚤の市のレベルの高さにびっくり。 普段は食品

/ 2 Comments

デュッセルドルフ旅行 4

楽しいデュッセルドルフの旅も、あっという間に最終日。 毎月第2日曜日に開催の蚤の市Grossmarktへ。 早起きして、まだ涼しいうちに到着する。 噂には聞いていたものの、この蚤の市のレベルの高さにびっくり。 普段は食品

/ 2 Comments

デュッセルドルフ旅行 3

旅の3日目は、楽しみにしていたStiftung Insel Hombroich(インゼル・ホンブロイヒ・ミュージアム)へ。 美術館というよりは「芸術エリア」、または「アートを抱える森」と言った方が近いような。広大な敷地に

/ デュッセルドルフ旅行 3 はコメントを受け付けていません。

デュッセルドルフ旅行 3

旅の3日目は、楽しみにしていたStiftung Insel Hombroich(インゼル・ホンブロイヒ・ミュージアム)へ。 美術館というよりは「芸術エリア」、または「アートを抱える森」と言った方が近いような。広大な敷地に

/ デュッセルドルフ旅行 3 はコメントを受け付けていません。

デュッセルドルフ旅行 2

デュッセルドルフのトラムには、落書きやゴミがなくて清潔。 冷房がないのは、欧州どこも同じ。 連日35度を超す暑さに、みなさん黙って耐えている。 その暑さの中、休憩に入ったティーサロン。 2階が想像以上に広く、テーブルの間

/ デュッセルドルフ旅行 2 はコメントを受け付けていません。

デュッセルドルフ旅行 2

デュッセルドルフのトラムには、落書きやゴミがなくて清潔。 冷房がないのは、欧州どこも同じ。 連日35度を超す暑さに、みなさん黙って耐えている。 その暑さの中、休憩に入ったティーサロン。 2階が想像以上に広く、テーブルの間

/ デュッセルドルフ旅行 2 はコメントを受け付けていません。