パリ11区(Bd. Voltaire)のブロカント | 2018/09bis

前週末にも訪れているVoltaire大通りの、Charonne駅からNation駅に向かう側で開催されたブロカント。
道も同じなら、業者の顔ぶれもほぼ同じである。
bisとかいう苦しいタイトルのつけ方をするのは、これで2度目だ。

あまり見かけたことのない女性が、古い衣類やリネン類を売るスタンドに寄る。
ラックにかかった服を見ていると、「1895年から1915年ごろの仕立屋の倉庫から出てきたデッドストック品」だという。
100年間も倉庫で眠っていたので、倉庫焼けの目立つシミがたくさんあったのを、苦労して取り除いたそうだ。

ひと目で「これは!」と思った、シルクのスカート。
当時の女性はここまで短いスカートでは出かけなかったはずなので、部屋着というか、下着みたいなものだろうな(私は外で履いちゃうよ)。

さすがのデッドストック、裏地のしつけ糸が健在!
外すのがもったいない気がして、そのままにしている。
はて、下着にも裏地って付くもんだっけ?やっぱり外で履くスカートだったのか?だとしたら、ものすごく早めのアール・デコなデザインだったのか、それとも、これだけは1930年ごろの品物なのか。

もう1着は、3月に別のところで買ったブラウスに、とてもよく似た布地でできたブラウス。

これも半袖だし裾が短いし透け透けだし、部屋着なのではないか。
ボタンが小さくて上品。この刺繍の細かさ美しさと言ったら、ため息しか出ない。


紙ものディーラーDのところでは、1958年発行だというパリの地図を買う。
少し前から買おうと思いつつ、高いので躊躇していた品。

モニュメントてんこ盛りで可愛いので、やっぱり我慢できない。

セーヌ右岸の、この密度の高さ。

裏面には、ヴェルサイユ宮殿の地図が。

まるでラデュレのマカロンみたいなパステルカラーの色づかいが、昔の少女漫画っぽくてキュンキュンくるよ。