Robert Mallet-Stevensのアパルトマン

年に1度の「世界遺産の日」の週末、9月16日の土曜日。
アール・デコ時代の建築家、ロベール・マレ=ステヴァンスのアパルトマンへの訪問が、ついに叶った。ここ数年、気づいた時にはすでに見学募集枠が埋まっていて、何度もくやしい思いをしていたのだ。

パリ14区の、Saint-Jacques駅から歩いて5分ほどの場所にある。
うれしくて早く着きすぎて、外壁の円形ステンドグラスの写真を何枚も撮りながら待った。

予約の時間になってみると、20人ほどが集まっていた。
中高年の夫婦連れが多い印象で、中には杖をついてよろよろと歩く老婦人のグループも(階段とかあるのにだいじょうぶなのか)。
建築関連の仕事をしているらしき、若い男性5人組もいた。
外国人は私と、もう1名くらいだったと思う。

特徴ある長細いステンドグラスのある、中庭の奥の建物。

ステンドグラスに向かって左側の2階の、ロフトタイプのアパルトマンは、アール・デコ時代に名を馳せた画家のTamara de Lempickaが、アトリエとして使ったという(彼女はMallet-Stevensの友人だった)。

建物の住民である若い女性の解説が濃くて長くて良いのだが、あの絨毯を見たいがために集まった全員が、途中からなんとなくソワソワし始める。

やっと建物に入場。

これ!
この絨毯です、見たかったのは!

当時の絨毯制作アトリエが保管していたMallet-Stevensのデザイン画と発注書を元に、15年ほど前に復刻されたという(本物はどこかの美術館に収蔵)。

そして、誰もまだ上っていかないうちに、さっさと上方の撮影。
この美しい螺旋!

踊り場から眺めるステンドグラス。

エレベーターのボタン。階数表示のフォントも良い。

スイッチ好きなので横からも。
上のボタンがAppel(呼ぶ)で、下のボタンはRenvoi(送り返す)。
先に上った人は、地上階にエレベーターを送り返すのがマナーだったんだろうか?

みんなが順に上って来ているので無人では撮れなかったものの、最上階から見下ろして、ほぼ人間の写っていない状態で撮れた1枚。右下に玄関マットが写ってしまったけれど、人々が暮らしている建物なので。


螺旋の増減で表情が変わり、各階で飽きずに撮ってしまう。

黒い四角いタイル張りの手すり。

エレベーターはつぶれた三角形のような不思議な形で、とても小さかった。

OTISは19世紀創業で今も現役の、アメリカのエレベーターメーカー。

 

さてこの建物、中庭の奥に位置しているのだが、使用人専用の地下トンネルがあるという。
使用人が、庭でくつろぐ主人や客人に顔を合わせずに、仕事場である建物に移動できる仕組みだ(パリの通り沿いの大きな古いアパルトマンには、大理石でできたメイン階段と、使用人専用の螺旋階段があるものである)。

薄汚れた扉を開けて、いざ地下へ。

使用人専用のエレベーターの、標識やランプやシャッター。

エレベーターのボタン、また撮っちゃう。
こっちのエレベーターにはボタンが1つしかないんだな。

これがトンネル!けっこう長いのだ。
今は、自転車置き場みたいに使われている。

トンネルを抜け、通り沿い側の建物のドアから、地上階へ。
こちらのD字型螺旋の階段も美しい。


道側の建物の階段(ちょうどこの裏側に、地下トンネルへの扉がある)は、直線的なデザイン。
ここまで直線が多用されると、なんかちょっと学校っぽいな。

窓があると、人間はつい外の景色に気をとられるものだけれど、ステンドグラスがあると、意識を建物の内側の空間に保ったままにしていられる。
光は一方通行で、均質化された明度なので、陰影に秩序のある、エレガントな雰囲気になるのだな。

この建物が好きすぎるので、来年も行こうかな。