1867年のパリの地図

昨年の12月のこと。

4区の小さな書店のショーウィンドーに惹きつけられ、ガラスごしに店内をのぞくと、古い印刷物がところせましと展示されている。
これは入店をためらっている場合ではない、と扉を開ける。

店内ではParis universel, d’une Expo à l’autre
と題された企画展示の開催中。
19世紀後半に開催された5回のパリ万国博覧会にまつわるポスター、書籍、写真、地図、万博ガイド本、新聞、版画、技術書、芳名帳、土産品などが展示販売されていた。

展示品はすべて、店主である若い女性自身の蒐集品だという。
彼女の膨大なコレクションにはとうてい及ばないものの、私もパリ万博関連の品物をコツコツ集めていることを話すと、途端にうちとけて話が弾んだ。

仕事の打ち合わせに行く途中だったので実はあまり時間がなく、とりあえずカタログ(6ユーロ)を買って「2時間後に来ます!」と言って退店。
このカタログがまた良くできていて、各展示物の写真と解説がギッシリ詰まった48ページ、読み物としても楽しい。

 

予告通りに書店を再訪したころには、日が暮れてすっかり暗くなっていた。

万博会場の俯瞰図が描かれたチャーミングな扇を買うか、それとも地図を買うか、悩みに悩んだ。
最終的にはパリの地図を選ぶ(予算があれば扇も欲しかった。もう、店まるごと全部が欲しかった)。

アルミ枠の額から出さない方が地図が傷まないだろうとのことで、エアパッキンで軽く包んでもらう。
予期せず大きな額を抱えて、混んだメトロに乗る。

(アクリル板の反射が激しくて正面から撮影できず)

Champs de Marsにエッフェル塔はまだなくて、代わりに巨大な楕円形の建物がある。
ここが1867年のパリ万博会場だった。

Les Hallesは何度目かの大規模な新改築工事中(1852年から1870年)。
ガルニエのオペラ座は前年に完成しているはずなのだが、なぜか地図上にはなく(オペラ大通りもない)、右上の余白に「新オペラ座」の宣伝イラストが描かれている。

ビュット・ショーモン公園はできたてホヤホヤ。
モンマルトルのシンボルであるサクレクール寺院は、まだない。

パリの外周近くにある黒くて長いミミズのようなものは、1855年から運行していたトラムウェイ。記号ではなくて、あえて列車の写実的なイラストというのがいい。
こんな楽しそうな列車の絵を見たら、乗ってみたくなる。

当時のガイド本の中の1冊(公式ガイドというものはなく、出版社やデパートがそれぞれに、分厚くて詳細なガイド本を編集出版していた)に描かれた、会場の様子。
自然光をなるだけ多く透過させるよう、工夫された構造なのがわかる。

52200の出展者を擁する、146000平方メートルの会場。

セーヌ川に浮かぶ船のサイズと比較すると、その巨大さが強調される。

ガイド本の中には、こんなイラストも。
1849年(左)と1867年(右)で、こんなに近代化しましたよ、という比較。
産業革命のおかげで、さびれた農村が立派な機能を備えた町に生まれ変わった、という自負らしい。

グラン・パレとプチ・パレは未建造で、それらの間にあるはずの道も、アレクサンドル三世橋もない点は、昨年末に買った1880年の地図と同じ。

現在の地図と比べると、セーヌの河岸がスカスカである。