パリ12区(Pl. d’Aligre)のブロカント | 2016/03

旅から戻った翌日には、パリのブロカントへ。

バルジャックの情報を親切に教えてくれたG氏のスタンドを、お礼と報告を兼ねて訪問。現地の美味しいピザ屋台の話でも盛り上がった。
同じイベントを経験して分かち合うのって楽しいな。

怪しかった空模様がとうとう崩れ、いきなり大きな雹がバラバラ激しく降ってきた!
とりあえず屋根のあるスタンドに避難させてもらったら、そこでいい物を見つけた。

1960年代に少女が彫ったリノリウム版画の版。
15枚くらいあった中から、気に入った作品を4点選んだ。

闘牛、アシの茎にカエル、タヌキと小鳥(ディズニーのキャラクターにこういう絵があったような)、波止場のカモメ。
闘牛の作品は特に気に入っている。
こういう絵は描こうと思って描けるものではないのだ。
闘牛士のお尻の緊張感といい、牛の表情といい、素晴らしい。

版画は、下絵・彫り・刷りの3段階を経て、表現者の手技を少しずつ離れていく芸術。
そのうち刷ってみたいと思う。