Plaza Athénéeで朝食

数年ぶりのパリ旅行中だった友人から、あのホテル・プラザ・アテネでの朝食へのお誘いを受けた。

喜び勇んで早起きして、お洒落していそいそと出掛けた。ここに前回来たのはもう9年前、その間に大規模な改装がされたはずなのに、全体的な印象に変化はない。

高い天井に白い壁と大きなガラス窓からの採光、シャンデリアの調光具合が変わらず贅沢にアラン・デュカス調で、これこそが最高級ホテル内のレストランの内装の魅力なのだと気づいた。調度品などの物質ではなくて、光の調和と影の完璧なコントロールで、さりげないのに非日常な贅沢を演出している、いやはや。


何もかも素晴らしかった。宝石のような色の青リンゴの生搾りジュースと、クロワッサンの美味しかったことと言ったら、思い出すたびに目尻が下がる。