パリ14区(Av. du Maine)のブロカント | 2019/01

2019年の初ブロカントは、パリ14区。
前回ここに来たのは8ヶ月前、春だった。

ヴィンテージ服ディーラーLのスタンドに、めずらしくハンドバッグが飾られているのを見つける。

植物で編まれた長方形の平たい本体に、金色の細い金具。1950年代のものらしい。

映画「L’amant」や「青いパパイヤの香り」に出てきそうな女性のイメージが思い浮かぶ。無地のリネン製の長めワンピースに、少しヒールのあるシンプルなデザインのサンダル、タイトにまとめた髪に長いネックレス、そしてこのハンドバッグ。

見ているだけで夏が待ち遠しくなるデザインだ。
開け口にはファスナーもついている。

少し離れたところには、Gの軍物スタンドがあった。
おもしろい形のベルトがあったのでじっと見ていたら、1940年代のGendarme(国家憲兵隊)の将校用だと言って試着させてくれた。

右肩から左腰にかけて斜めに渡る細いベルトを、腰に巻いた太いベルトに装着する。王室・皇室の大綬章みたいな感じだ。

黒いゴツい太ベルトを長らく探していたので、見つかってよかった。