アイスクリーム屋とチーズ屋の商品札

アンティーク好きが集う、パリ4区の可愛いお店
この辺りで用事があれば必ず立ち寄る。というか、ウィンドーを見た途端に引き寄せられるので、素通りはむずかしい。

店内奥の小物がぎっしり集まるコーナーで、昔の商店で使われていた品目札を見つけた。
300枚ほどもあった店頭品をすべて見て、好きなものだけを厳選。

小さい四角い吹き出し型の札は、チーズ屋のもの。ミモレット、ライヨール、ボーフォール、ラクレット、ピコドンなど、自分が好きで、かつパリでも入手しやすいものを選んだ。こんど家に誰かを招待する機会に、該当するチーズを用意して使おう。

Le Vrai Basqueというのは売っているのを見たことはないのだが、バスクが好きなのでとりあえず買っておいた。オッソー・イラティとかプチ・バスクとかを買ってきて、それらしく挿すのはありかも。

大きい細長い方は、アイスクリーム屋のフレーバーの札だと思う。ピスタチオ、プラリネ、ノワゼット(ヘーゼルナッツ)、シトロン(レモン)、キャラメルなど。この赤い大文字のCが良い。いかにも甘くて美味しそうで、子供時代の楽しい思い出を彩るのにふさわしいデザイン。1950年から1970年くらいのものかな。これが嵌っていたであろう、横長8角形の枠も見つかると最高なのに。