パリ12区(Bd. de Reuilly)のブロカント | 2018/07

1年ぶりの12区
そういえば去年は、イヤリングを買ったんだった。

紙ものスタンドのDのところで、狙っていた品物を買えた。

1889年パリ万国博の会場見取り図。
パリのエッフェル塔は、この万国博に間に合わせるために作られたのだ。
会場の入場門として公式にデビューしたので、万博の来場者は、鉄の貴婦人のスカートの下をくぐって展示を見に行った。

シャン・ドゥ・マルスの遊歩道の様子。
当時はアール・ヌーヴォーなデザインだったのだな。

これが現在のシャン・ドゥ・マルス。
エッフェル塔の足元あたりは、今でもあまり変わっていないようだ。

会場図で、セーヌ川から一番遠い内陸側の「その他」エリアに、
(右端に見えるSeineの文字は、会場見取り図ではない別の図の一部)

あった、日本パヴィリオンが!
セルビアとシャム(今のタイ王国)に挟まれた、ノルウェーの後ろ側。

この万国博で、久保田 米僊(くぼた べいせん)という日本画家が、金賞を受賞。
彼がギメ東洋美術館に寄贈したという「年中行事絵巻」は、まだ当所に展示されているのだろうか。