Posts Tagged ''

ロベール・モレルの「O(オー)」

12月半ば。あるブロカントを目当てに出かけたら、みごとにフラれる。しかたないのでそのまま歩いて、マレ地区の方まで散歩した。書店があったので入ってみたら、すみっこの箱の中にこれが! 10月に神戸で出張ブロカントを開催した折

/ ロベール・モレルの「O(オー)」 はコメントを受け付けていません。

ロベール・モレルの「O(オー)」

12月半ば。あるブロカントを目当てに出かけたら、みごとにフラれる。しかたないのでそのまま歩いて、マレ地区の方まで散歩した。書店があったので入ってみたら、すみっこの箱の中にこれが! 10月に神戸で出張ブロカントを開催した折

/ ロベール・モレルの「O(オー)」 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その4

フォンテーヌブロー城の遠足日記、ナポレオン編。城内の一部がナポレオン博物館になっていて、なかなか見応えあり。 こんな素敵な上着を着ていたとは、ナポレオン… ナポレオンの帽子。ゾウを飲みこんだウワバミに見えてし

/ Fontainebleau城へ遠足 その4 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その4

フォンテーヌブロー城の遠足日記、ナポレオン編。城内の一部がナポレオン博物館になっていて、なかなか見応えあり。 こんな素敵な上着を着ていたとは、ナポレオン… ナポレオンの帽子。ゾウを飲みこんだウワバミに見えてし

/ Fontainebleau城へ遠足 その4 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その3

フォンテーヌブロー城の遠足日記、壁編。 現代の住宅にも合いそうな、すてきな壁紙を発見。 子供の頃、こういうクネクネした模様に、無性に憧れたのを思い出しながら撮影。 ミュージアムショップで販売されている図録の表紙にもなって

/ Fontainebleau城へ遠足 その3 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その3

フォンテーヌブロー城の遠足日記、壁編。 現代の住宅にも合いそうな、すてきな壁紙を発見。 子供の頃、こういうクネクネした模様に、無性に憧れたのを思い出しながら撮影。 ミュージアムショップで販売されている図録の表紙にもなって

/ Fontainebleau城へ遠足 その3 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その2

フォンテーヌブロー城の遠足日記、天井編。見上げ続けて首が痛くなるほどの、コテコテに凝った天井ばかり。 これはどこだったか忘れた。 舞踏の間の天井、八角形のデザイン。 部屋と部屋の間にあった、楕円型の天井の一角。 フランソ

/ Fontainebleau城へ遠足 その2 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その2

フォンテーヌブロー城の遠足日記、天井編。見上げ続けて首が痛くなるほどの、コテコテに凝った天井ばかり。 これはどこだったか忘れた。 舞踏の間の天井、八角形のデザイン。 部屋と部屋の間にあった、楕円型の天井の一角。 フランソ

/ Fontainebleau城へ遠足 その2 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その1

先週の木曜日、友人Hさんとフォンテーヌブロー城まで日帰り小旅行。 朝10時にGare de Lyon駅で待ち合わせたのだが、出発ホール(Hall 1)がだだっ広く横長く、お互いの姿が見つからずに焦る。 最初に私が見た掲示

/ Fontainebleau城へ遠足 その1 はコメントを受け付けていません。

Fontainebleau城へ遠足 その1

先週の木曜日、友人Hさんとフォンテーヌブロー城まで日帰り小旅行。 朝10時にGare de Lyon駅で待ち合わせたのだが、出発ホール(Hall 1)がだだっ広く横長く、お互いの姿が見つからずに焦る。 最初に私が見た掲示

/ Fontainebleau城へ遠足 その1 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その8

タラスコン城の見学の続き。 このイラストの順番どおりに進む。日本語のリーフレットもあって驚いた、タラスコンってわりと有名な観光地だったんだ。 城の屋上。暖炉が巨大なので、その煙突も大きい! 眼下にはローヌ川。遠くに風力発

/ 南仏の町 Barbentane その8 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その8

タラスコン城の見学の続き。 このイラストの順番どおりに進む。日本語のリーフレットもあって驚いた、タラスコンってわりと有名な観光地だったんだ。 城の屋上。暖炉が巨大なので、その煙突も大きい! 眼下にはローヌ川。遠くに風力発

/ 南仏の町 Barbentane その8 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その7

自転車で遠出の2日目。 フリゴレ大修道を経由して、グラヴゾンという町へ。ここはあまり面白くなかったので、写真なし。 その翌日は義父宅から南西に約15km離れた町、Tarasconへ。心配していた臀部の筋肉痛(硬いサドルで

/ 南仏の町 Barbentane その7 はコメントを受け付けていません。

南仏の町 Barbentane その7

自転車で遠出の2日目。 フリゴレ大修道を経由して、グラヴゾンという町へ。ここはあまり面白くなかったので、写真なし。 その翌日は義父宅から南西に約15km離れた町、Tarasconへ。心配していた臀部の筋肉痛(硬いサドルで

/ 南仏の町 Barbentane その7 はコメントを受け付けていません。

Nangisのブロカント その2

Nangis城の敷地内がブロカント会場。百年戦争の頃にはすでに建っていたという、たいへん長い歴史のある建築だそうで。 驚いたことにこのお城、今でも町役場として使われていて、現役である。 「市役所城」を後方から眺める。 斜

/ Nangisのブロカント その2 はコメントを受け付けていません。

Nangisのブロカント その2

Nangis城の敷地内がブロカント会場。百年戦争の頃にはすでに建っていたという、たいへん長い歴史のある建築だそうで。 驚いたことにこのお城、今でも町役場として使われていて、現役である。 「市役所城」を後方から眺める。 斜

/ Nangisのブロカント その2 はコメントを受け付けていません。

Maisons-Laffitteのブロカント再び その1

この前の土曜日は、9月にも訪れたMaisons-Laffitteを再訪した。今回はメガ・ブロカントではなく、普通の規模のブロカント。 RERのA線で、Les Halles駅を朝9時頃に出発する電車で待ち合わせる。この日は

/ Maisons-Laffitteのブロカント再び その1 はコメントを受け付けていません。

Maisons-Laffitteのブロカント再び その1

この前の土曜日は、9月にも訪れたMaisons-Laffitteを再訪した。今回はメガ・ブロカントではなく、普通の規模のブロカント。 RERのA線で、Les Halles駅を朝9時頃に出発する電車で待ち合わせる。この日は

/ Maisons-Laffitteのブロカント再び その1 はコメントを受け付けていません。

Le Pecqのブロカント その3

Parc du château側から回ると、お城はこんな感じ。 振り向けば、遠くにパリが見える。 かっちりとした、真面目な表情の城。 これはお城の中庭(お手洗いを借りに建物に入った)。 せっかくのいい天気、どうせならお城

/ Le Pecqのブロカント その3 はコメントを受け付けていません。

Le Pecqのブロカント その3

Parc du château側から回ると、お城はこんな感じ。 振り向けば、遠くにパリが見える。 かっちりとした、真面目な表情の城。 これはお城の中庭(お手洗いを借りに建物に入った)。 せっかくのいい天気、どうせならお城

/ Le Pecqのブロカント その3 はコメントを受け付けていません。

Auvers-sur-Oiseのブロカント その2

「時間はあるし、ゴッホの家も見に行こう!」なんとかなるさ探検隊2名は、隣駅の方へ向かう。 下に車が停まっていなかったら、ゴッホの見たものと変わらないであろう景色。 石造りの壁、道の曲がり具合。ぜんぶ素敵。 昔の道しるべが

/ Auvers-sur-Oiseのブロカント その2 はコメントを受け付けていません。

Auvers-sur-Oiseのブロカント その2

「時間はあるし、ゴッホの家も見に行こう!」なんとかなるさ探検隊2名は、隣駅の方へ向かう。 下に車が停まっていなかったら、ゴッホの見たものと変わらないであろう景色。 石造りの壁、道の曲がり具合。ぜんぶ素敵。 昔の道しるべが

/ Auvers-sur-Oiseのブロカント その2 はコメントを受け付けていません。