Yearly Archives: 2010

JOYEUX NOEL | 2010

昨晩は友人Aさんを招いて、計4人でパーティー。 彼女は何度もうちに来たことがあり、最寄り駅から1人で歩いて行けるとの頼もしいひと言。予定の時間ちょうどに「今、最寄り駅!」とSMSをくれたので待っていたら、直後にまたメッセ

/ 4 Comments

JOYEUX NOEL | 2010

昨晩は友人Aさんを招いて、計4人でパーティー。 彼女は何度もうちに来たことがあり、最寄り駅から1人で歩いて行けるとの頼もしいひと言。予定の時間ちょうどに「今、最寄り駅!」とSMSをくれたので待っていたら、直後にまたメッセ

/ 4 Comments

Alain Ducasseの塩

Alain Ducasse au Plaza Athénéeで食事をすると、帰り際に渡される記念のお土産。 去年の秋に訪れた時は、食べ切れなかった焼き菓子の折り詰めと、レストランで使っているものと同じだという塩をもらった

/ Alain Ducasseの塩 はコメントを受け付けていません。

Alain Ducasseの塩

Alain Ducasse au Plaza Athénéeで食事をすると、帰り際に渡される記念のお土産。 去年の秋に訪れた時は、食べ切れなかった焼き菓子の折り詰めと、レストランで使っているものと同じだという塩をもらった

/ Alain Ducasseの塩 はコメントを受け付けていません。

Manufranceのカタログ

カタログ通販というものは、いつから始まったのか。好奇心から調べていたら、1930年発行の通販カタログをeBayで発見! 元はもっと厚いカタログだったのを、カテゴリーごとに分解して、製本しなおされている状態のよう。 左側が

/ One Comment

Manufranceのカタログ

カタログ通販というものは、いつから始まったのか。好奇心から調べていたら、1930年発行の通販カタログをeBayで発見! 元はもっと厚いカタログだったのを、カテゴリーごとに分解して、製本しなおされている状態のよう。 左側が

/ One Comment

生ハムの踵

「生ハムの踵がうまい」という情報を、博識で聡明でグルメな友人Jさんから教わる。 デパートの生ハム屋のガラスケースの、端の方にひっそりあるのを見つけて、さっそく買ってきた。 「もうこれ以上、売り物になるようなスライスはでき

/ 2 Comments

生ハムの踵

「生ハムの踵がうまい」という情報を、博識で聡明でグルメな友人Jさんから教わる。 デパートの生ハム屋のガラスケースの、端の方にひっそりあるのを見つけて、さっそく買ってきた。 「もうこれ以上、売り物になるようなスライスはでき

/ 2 Comments

Zoo

もし近所に住んでいたなら、毎週のように通っているであろうレストラン、Zoo。 ちょうど10年前の衝撃的な出会い以来ずーっとお世話になっている、尊敬する大好きなHさん夫妻が切り盛りするレストラン。 1年ぶりに叶った友人A夫

/ 3 Comments

Zoo

もし近所に住んでいたなら、毎週のように通っているであろうレストラン、Zoo。 ちょうど10年前の衝撃的な出会い以来ずーっとお世話になっている、尊敬する大好きなHさん夫妻が切り盛りするレストラン。 1年ぶりに叶った友人A夫

/ 3 Comments

Ris-OrangisとVilleneuve-le-Roiでの収穫

先週末のブロカント2カ所での収穫。 ミモザ模様の大きめカップ。 少しずつ集まってきている、Ventouse(ヴァントゥーズ、吸盤)5つ。なぜこんなものを欲しがるのかと聞かれたので、素直に「野の花をちょっと生けると可愛いと

/ 6 Comments

Ris-OrangisとVilleneuve-le-Roiでの収穫

先週末のブロカント2カ所での収穫。 ミモザ模様の大きめカップ。 少しずつ集まってきている、Ventouse(ヴァントゥーズ、吸盤)5つ。なぜこんなものを欲しがるのかと聞かれたので、素直に「野の花をちょっと生けると可愛いと

/ 6 Comments

Villeneuve-le-Roiのブロカント

日曜日は、Villeneuve-le-Roiという町のブロカントへ。 RERのC線に乗ってAblon駅まで行き、駅から歩いて15分弱のスーパーマーケットの駐車場での開催。 1時間に電車が2本しか止まらないという、静かで小

/ Villeneuve-le-Roiのブロカント はコメントを受け付けていません。

Villeneuve-le-Roiのブロカント

日曜日は、Villeneuve-le-Roiという町のブロカントへ。 RERのC線に乗ってAblon駅まで行き、駅から歩いて15分弱のスーパーマーケットの駐車場での開催。 1時間に電車が2本しか止まらないという、静かで小

/ Villeneuve-le-Roiのブロカント はコメントを受け付けていません。

Ris-Orangisのブロカント

雪もほとんど溶けて気温が少し上がった、過ごしやすい週末。 土曜日にはRERのD線に乗って、パリ南郊外のRis-Orangisという町のブロカントを訪問。駅からは歩いて10分ほど。 川沿いなので恐ろしく寒いのでは、とビクビ

/ One Comment

Ris-Orangisのブロカント

雪もほとんど溶けて気温が少し上がった、過ごしやすい週末。 土曜日にはRERのD線に乗って、パリ南郊外のRis-Orangisという町のブロカントを訪問。駅からは歩いて10分ほど。 川沿いなので恐ろしく寒いのでは、とビクビ

/ One Comment

Courcelle-sur-Yvetteとパリ13区での収穫

日曜日のCourcelle-sur-Yvetteと、パリ13区でそれぞれ買ったもの。 きっとシンデレラの足はこんな風だろうと思うほどに細くて美しい形の、女性用シューキーパー。 Hôpitaux de Paris(病院)の

/ 3 Comments

Courcelle-sur-Yvetteとパリ13区での収穫

日曜日のCourcelle-sur-Yvetteと、パリ13区でそれぞれ買ったもの。 きっとシンデレラの足はこんな風だろうと思うほどに細くて美しい形の、女性用シューキーパー。 Hôpitaux de Paris(病院)の

/ 3 Comments

Vigneux-sur-SeineとTremblayでの収穫

前日の大雪が嘘のような、美しい青空だった。先週末のブロカントでの収穫を、やっと撮影。 ツバメの柄のボウル。売り主は大柄で髭が特徴的な年配の男性だった。 ミルクガラス製の小さなカップ3つと、ソーサー1枚。 オレンジ色のプラ

/ Vigneux-sur-SeineとTremblayでの収穫 はコメントを受け付けていません。

Vigneux-sur-SeineとTremblayでの収穫

前日の大雪が嘘のような、美しい青空だった。先週末のブロカントでの収穫を、やっと撮影。 ツバメの柄のボウル。売り主は大柄で髭が特徴的な年配の男性だった。 ミルクガラス製の小さなカップ3つと、ソーサー1枚。 オレンジ色のプラ

/ Vigneux-sur-SeineとTremblayでの収穫 はコメントを受け付けていません。

Supernature

先週教えてもらったお店の2軒目は、Supernatureという食堂。 お昼時は超満員、予約をしていたけれども15分くらいは待つことに。みなさん相席。待ち時間中の人間観察も楽しい。 前菜の、有機野菜のポタージュ。 こちらも

/ Supernature はコメントを受け付けていません。

Supernature

先週教えてもらったお店の2軒目は、Supernatureという食堂。 お昼時は超満員、予約をしていたけれども15分くらいは待つことに。みなさん相席。待ち時間中の人間観察も楽しい。 前菜の、有機野菜のポタージュ。 こちらも

/ Supernature はコメントを受け付けていません。

Courcelle-sur-Yvetteとパリ13区のブロカント

本日は、パリ南郊外のCourcelle-dur-Yvetteという町へ。なぜか最近は南郊外へ行くことが多い。 Les Halles駅からRERのB線に乗って40分、終点の1つ前の駅で下車。 これが駅舎、その辺の一軒家より

/ One Comment

Courcelle-sur-Yvetteとパリ13区のブロカント

本日は、パリ南郊外のCourcelle-dur-Yvetteという町へ。なぜか最近は南郊外へ行くことが多い。 Les Halles駅からRERのB線に乗って40分、終点の1つ前の駅で下車。 これが駅舎、その辺の一軒家より

/ One Comment

Vigneux-sur-SeineとTremblayのブロカント

めちゃくちゃに寒い日だった。 朝からVigneux-sur-Seineという町へ。リヨン駅からSNCFのD線に乗って行く道中に、ハプニングが。 SNCFのサイトで入手した時刻表を見て「急行で行けばリヨン駅の次の停車駅だ」

/ Vigneux-sur-SeineとTremblayのブロカント はコメントを受け付けていません。

Vigneux-sur-SeineとTremblayのブロカント

めちゃくちゃに寒い日だった。 朝からVigneux-sur-Seineという町へ。リヨン駅からSNCFのD線に乗って行く道中に、ハプニングが。 SNCFのサイトで入手した時刻表を見て「急行で行けばリヨン駅の次の停車駅だ」

/ Vigneux-sur-SeineとTremblayのブロカント はコメントを受け付けていません。

Glou

Glou101 rue Vieille-du-Temple, 75003 Paris Lardo di Colonnataは、トスカーナの山岳地方で手作りされる、「絶品」の誉れ高いラード。料理雑誌で写真を見て以来、いつか

/ One Comment

Glou

Glou101 rue Vieille-du-Temple, 75003 Paris Lardo di Colonnataは、トスカーナの山岳地方で手作りされる、「絶品」の誉れ高いラード。料理雑誌で写真を見て以来、いつか

/ One Comment

夢のお菓子屋 秋のケーキ

Jさんと私がとり憑かれたかのように通っている、La Pâtiserie des rêves。秋のケーキもさぞおいしいだろう、ということで、また来た。 寒々とした空色、さすがにテラス席は無人。 今回は初めて紅茶を注文してみ

/ One Comment

夢のお菓子屋 秋のケーキ

Jさんと私がとり憑かれたかのように通っている、La Pâtiserie des rêves。秋のケーキもさぞおいしいだろう、ということで、また来た。 寒々とした空色、さすがにテラス席は無人。 今回は初めて紅茶を注文してみ

/ One Comment

Eglyでの収穫

日曜日のEglyでの収穫。 ずっと探していたワイヤーのカゴ。見つかる時は急に見つかるものだ。 左のカゴの中には、Monsavonのアルミ製の石鹸ケースと、バスクの陶器に似た配色の卵立て。 ヒヤシンス栽培用ガラス瓶を、ピン

/ 2 Comments

Eglyでの収穫

日曜日のEglyでの収穫。 ずっと探していたワイヤーのカゴ。見つかる時は急に見つかるものだ。 左のカゴの中には、Monsavonのアルミ製の石鹸ケースと、バスクの陶器に似た配色の卵立て。 ヒヤシンス栽培用ガラス瓶を、ピン

/ 2 Comments

Antonyでの収穫

土曜日のAntonyでの収穫。 1番奥と右手前にあるのは、料理レシピの本。イラストやレイアウトのセンスが面白い。 売り主の女性が結婚当時、贈り物としてもらったのだとか。彼女の手書きの買い物メモやレシピの写しが挟んである。

/ One Comment

Antonyでの収穫

土曜日のAntonyでの収穫。 1番奥と右手前にあるのは、料理レシピの本。イラストやレイアウトのセンスが面白い。 売り主の女性が結婚当時、贈り物としてもらったのだとか。彼女の手書きの買い物メモやレシピの写しが挟んである。

/ One Comment

パリ3区(rue de Bretagne)での収穫

金曜日のパリ3区での収穫。 左奥のアルミ製水切りは、目がものすごく細かい。ハンドルの穴の形とか、ネジの数と間隔とかも好き。 薄水色の金属製の鍋敷きは、1900年頃のもの。 白いボウル。陶器なのに、まるで薬鉢かと思うような

/ 2 Comments

パリ3区(rue de Bretagne)での収穫

金曜日のパリ3区での収穫。 左奥のアルミ製水切りは、目がものすごく細かい。ハンドルの穴の形とか、ネジの数と間隔とかも好き。 薄水色の金属製の鍋敷きは、1900年頃のもの。 白いボウル。陶器なのに、まるで薬鉢かと思うような

/ 2 Comments

Eglyのブロカント

3日連続ブロカントの最終日は、パリ南郊外の町、Eglyのブロカントへ。日曜日は電車の本数がぐっと減るので、かなり早めに出発することに。 またまた寒さに震えてブレた写真。駅からの道沿いにあった、古い農家。以前行ったAuve

/ Eglyのブロカント はコメントを受け付けていません。

Eglyのブロカント

3日連続ブロカントの最終日は、パリ南郊外の町、Eglyのブロカントへ。日曜日は電車の本数がぐっと減るので、かなり早めに出発することに。 またまた寒さに震えてブレた写真。駅からの道沿いにあった、古い農家。以前行ったAuve

/ Eglyのブロカント はコメントを受け付けていません。

Antonyのブロカント

土曜日はRERのB線に乗って、パリ南郊外のAntonyへ。車中から見える景色には、昨夜の雪がうっすらと残る。やっぱり郊外はずいぶんと気温が低い。 歩いている途中で見かけた、ルノーの整備工場の古い広告。寒さで手が震えて写真

/ Antonyのブロカント はコメントを受け付けていません。

Antonyのブロカント

土曜日はRERのB線に乗って、パリ南郊外のAntonyへ。車中から見える景色には、昨夜の雪がうっすらと残る。やっぱり郊外はずいぶんと気温が低い。 歩いている途中で見かけた、ルノーの整備工場の古い広告。寒さで手が震えて写真

/ Antonyのブロカント はコメントを受け付けていません。