鍋パーティー

20区在住のS&Sカップルを招いて鍋パーティー。

宴のメインは、日本で買って遥々パリまで運んだ美味しい日本酒、「春鹿 純米吟醸生原酒 零下二百十日熟成」。これを2人だけで空けるのはもったいない、誰か日本酒好きなフランス人も呼びたい、ということで、集まりを急遽企画。

アペリティフに、Salon du fromage Hisadaで購入した、桜餅風味のモッツァレラチーズSakura Mochicoと、山羊乳フレッシュチーズの柚子まぶし。印象派の画家モネが愛用したのと同じ、Creil & MontereauのJAPONシリーズの皿で。

このサクラ・モチコは以前、仕事で試食した時に美味しかったので覚えていた。
フランス人2名も絶賛の桜風味。シェーヴル×柚子の方は、まるでフローズンヨーグルトのような軽さとさわやかさ。

他にアペリティフとして準備したのは、

Kiriチーズの味噌漬けに胡麻まぶし
Babybelチーズの味噌漬け
塩豆腐にアボカドと海苔と胡麻油
鶏ハムの梅シソ巻き
春鹿の「奈良漬け薫製

(牛肉のタタキマリネも作ったが、マリネ液のニンニクの量が多すぎて日本酒と合わず、残念)

数年前に大阪の道具屋横町で面白がって買った竹製ツミレすくい、満を持してデビュー!
鶏腿肉・生姜・葱・レンコン(すりおろしと刻んだのと半々)・卵・片栗粉で作ったツクネを、このツミレすくいで鍋に落とすのが楽しかった。

19世紀製Cul noirの保存瓶、1930年頃のオーブン皿、日本の昔の塗りの皿、備前焼の徳利… 時代も空間もバラバラな食器が勢ぞろい。

デザートは、S氏が見つくろってくれた上等のビオの木苺シャーベットと、フィナンシェ。この他、私が用意していたバニラアイスの古々美醂(福来純の10年熟成味醂)がけも。