デュッセルドルフ旅行ふたたび 2

旅先でも週末はブロカント。

デュッセルドルフの有名な蚤の市、Grossmarkt(グロースマルクト)に行くのは、これが2度目(1度目の様子はデュッセルドルフ旅行 4で)。

Mさんと一緒に思う存分楽しんだ!

とにかく広い。こんな大きな建物が10個以上あって、屋内にも屋外にもスタンドがわんさか。

家具から電気スタンドから食器、おもちゃにいたるまで、素晴らしい品ぞろえ。

1960年代製の、イチゴの形のティーポット敷き。

木の柄のスプーン。まさにこういうのが欲しいと思っていた!

金属製のフライ返し。フランスで何度か買いそこなっているものを、とうとう入手。

木製の丸い皿。

バター用の木べら。

コイル型の泡立て器、ままごと用。

ままごと用の焦げ茶色のティーカップ。

ままごと用、レードルと網じゃくし(アク取りに使いやすそうなサイズだ)。

青いホーロー製のお菓子の型。

ままごと用の皿を2枚。

トング3つ。

いかにも北欧デザインらしい、長方形の木製トレー。
このトレーの上に載る小さな器は、

釉薬のテスト用ピースだと思われる。
1人分のソース入れ、薬味入れに使えそう。または、日本酒の杯にも。

銀メッキ製(手前と奥の)のトング。
2010年の夏に買わなかったことを後悔した(フランスでは、かなり高値なことが判明)ので、今回は必ず、と思っていたもの。3個も買ってしまった。

「スプーンを2つくっつけたらトングになりました」というのをわざわざ描いたデザインが、生真面目でシュールで面白い。

お父さんと一緒に留守番していた6ヶ月のAちゃんには、Mさんからのプレゼントが。

昔のガラガラ、とってもいい音。戦前、もしくはもっと古いものかも。
小さいお手手と、こんなに絵になるとは… かかかかわいい!!!

1 Comment

[…] 肝心のブロカントはというと、これがまた前回とかなり違う。子供服とかバギーとか、日用品の中古放出は7割という具合。何も見つからないかもと思ったら、道具類を売る男性のスタンドを発見。この人は去年も来ていた、そういえば。 念願の、コイル型の泡立て器。デュッセルドルフで、ままごと用のは買ったことあるけどね、大人用サイズは初めて。いつ頃の物か尋ねると、「2つの戦争の間あたり、1920年代かな」と。バネがよく伸び縮みするよう、垂直方向に叩くのが、これの正しい使い方。荒削りな造形がいい。 […]

Comments are closed.