2011年の初ブロカントTremblay

前週の空振りから立ち直り、今年の初ブロカント。
前日の雨で地面がぬかるんで歩きにくいものの、寒くはない。

アルミ製のキャニスター6個セット(中にそれぞれ2個入った状態で撮影)。
蓋の黒いつまみがチャーミング。

ガラス製の保存瓶を2つ。
高さ約16cmと小ぶり。蓋に刻印されたFamilia Wissというメーカーを調べたら、Le Parfait保存瓶の仲間のようだ。1940年代前後のものかな、と想像(ロゴのデザインはアールデコっぽいので、もしかしたら1930年代?)。

深緑色のマスタード容器。
少し前にTriel-sur-Seineで1つ購入したのの、色ちがい。

3つ並んだグラスは、Verre à Violette(ヴェール・ア・ヴィオレット)といって、ナポレオンの妻に縁のあるデザインのグラスだと、売り主の女性が説明してくれた。

スミレのリキュールとナポレオンは関係があるようなので、それ用のグラスかな?

気泡がたくさん入っていて、中央のグラスは首が据わっていないし、左のにいたっては台の六角形が溶けたようにフニャっている。素晴らしい。19世紀の終わり頃に作られた、とのこと。

1 Comment

[…] L’IDEALEのガラス製保存瓶。陶製の蓋付きと、ガラス製の蓋付き(錆取り中だったので写真は無し)を1個ずつ購入。この秋に買った小さな保存瓶と同じメーカー。売り手は、ここでの3度のブロカントで顔馴染みになった、気さくな老夫婦。私好みの瓶類とアルミ類を大量に持っているので、毎回必ず色々と買い物。この日はトラックの中にあった品出し前の箱も見せてくれ、その中からLe Parfaitの、アルミ製蓋付き保存瓶を発見。 アルミ製のミルク缶、どうやらスペイン製。これも同じ老夫婦から購入。 直径8,5cm、ままごと用の皿。深皿と平皿が2枚ずつ。 Raymond LoewyデザインのLe Creusetのコケル。今年の春先に買った鍋と同じで、容量の小さい3,5Lサイズ。 (後編につづく) […]

Comments are closed.