パリ9区(Av. Trudaine)のブロカント | 2024/04

4月の半ばに行った、半年ぶりの9区のブロカント。

けっこう前の話なので記憶が薄い… たしか天気はそんなに悪くなかったはず。

軍ものディーラーTのスタンドで、かっこいいジャンプスーツを見つけた。

自分のサイズのメモを確認しつつメジャーで測ったら、ギリギリいいのか悪いのか微妙な数字。なので、トラックの荷台で試着させてもらう。

この日は何も買わず試着も一切しないつもりで、脱ぎ着の面倒なワンピースで出かけていた。こういう時に限っていいのを見つけちゃうんだよね。足場が悪く暗い荷台であくせくしながら着てみたら、ジャストフィットだった。こんなの買うしかないよね。しかし私はいったいいくつ持っているんだ、ツナギを。

私の好きなスタンドカラーで、裾も袖口もゴム仕様。

そして、首から始まるジッパーはなんと足首まで一直線で、完全に開くデザイン。めっちゃいいな!

1979年のフランス軍のものなのは分かるが、このU.T.A.Hという部隊(?)の情報がわからない。

Tによれば、パラシュート隊のジャンプスーツで、地上に降りたらすぐに戦闘用最適のバトルスーツに着替える(または下にすでに着ていて、ツナギを脱ぐだけ?)必要があるので、全開する仕様なんだとか。へー、パラシュート用のジャンプスーツにも色々細かい違いがあるんだね。

ジッパーが長い(=金属部品が多い)ので重量はあるけれど、洗濯して乾かす際にビローンと1枚に広げられるので、その点は便利だ。

気に入りすぎてもう2回も着ちゃったよ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください