MicMac St.TropezのビーチガウンとSaint Laurent rive gaucheのシルク地トップ

もう7月だというのに、やっと6月分の記録を書き始めている。なんかいそがしくて(ショッパー縫ったりワクチン打ったり歯医者行ったりイラスト描いたり)時間がすぐ過ぎてしまう。

Yを含めた仲良しディーラー3人でのポップアップストアが、4人目の大御所ディーラーSを迎えて場所も新たにして開催と聞いて、もちろん初日に行く。

梅雨のアジアかと思うような蒸し暑さの日で、薄手とは言え羽織りを着てきたことを激しく後悔。

メトロのレピュブリック駅から徒歩数分で、ずいぶんアクセスしやすくなった。前回までの場所は、どの駅からも等しく遠かったんだよね。

広くて明るい空間に4人のセレクトが混在して、華やかな色のグラデーションになっている。おしゃれ好きな女性がどんどん入店してくるのでまさに女の園って感じ。

さて、ちゃっちゃとハンガーを手繰りながらさっそくいいのを見つけた。

1970年代、MicMac St.Tropezのビーチ用コート。水着の上に羽織るやつ。

こんなの私以外は興味を示さないんじゃなかろうか、という派手な意匠で、ディーラーAは「絶対それ好きだと思ったんだよねー!」と。

まあこれは素直に買います。先週末に着たばかり。

もう1点の収穫は、私の好きなヴィンテージ店の店主Jの品物。

実は前日にブティックに別件で寄った際に見つけていて、試着する時間はないなと思っていたら「明日のポップアップに出す品だよ」と言うので期待していた。よかった、まだ売れていなかった。

店の奥で試着させてもらうとぴったり(というかギリギリ)。私の超控えめな胸囲でギリギリなら、普通の胸囲のみなさんには合わないだろう。

1970年代後半Saint Laurent rive gaucheシルクトップ

ちょっと青みがかったキャラメル色で、袖のデザインも丈も襟ぐりもすべていい、好みの可愛らしさ。
下に合わせる服はやっと思いついたので、あとは天気次第だ。