パリ9区(rue des Martyrs)のブロカント | 2016/10

もうパリに戻って5日ほど経つのだけれど、まずは日本行き直前の日曜日に行ったブロカントの話を書いてしまおう。日本滞在中は楽しく忙しく過ごしていたけれど、ブログをしばらく書いていないことだけが奇妙な感じだった。なんでもないブログでも6年も書記続けていると、書くのが普通いう感覚になるもんなんだな。

さて、約半年ぶりの9区Martyrs通り。ここは商店街の雰囲気がいいし、私の好きなスタンドがこぞって出店するので、よっぽどの悪天候でない限りは通っている。前週に15区で買わなかった(高価だったので)古い地図のことが、やっぱりどうしてもどうしても気になって、L氏のスタンドへ。

よかった売れていなかった!今は閉店中のデパート、サマリテーヌが中央に大きく描かれた地図。何が凄いかってこの地図、パリのメトロのほぼ原型の時代のものなのだ。

1898年10月4日にパリ最初のメトロである1番線の工事が開始。当初の計画では、Porte de Vincennes – Porte Dauphine線(現1番線に2番線の西端が合体した感じ)、Étoile – Nationを結ぶ環状線(現6番線と2番線)、Porte Maillot – Ménilmontant線(現2番線)、Porte de Clignancourt – Porte d’Orléans(現4番線)、Boulevard de Strasbourg (Gare de l’Est) – Pont d’Austerlitz(現5番線)、Cours de Vincennes – Place d’Italie(現1番線の東端と6番線が合体した感じ)の6線が順に着工予定だった(次いで、オペラなどを通る中心部の3線が着工予定されていた)。

努力の甲斐あって、メトロ1番線は1900年7月19日にめでたく公式開通、ヴァンセンヌの森で開催の1900年夏のオリンピックに間に合った!そう、私たちが乗っているあの1番線は、100年越しの立派なアンティークなのだ(そりゃガタもくるはずだ。線路やトンネルが現役なのが不思議なくらい)。

私の買った地図には、すでにオペラ座を通る線が描かれているので、開通当初ではない。地図上にあるPorte de ClignancourtからChâtelet間の開通が1908年4月、地図上にないPorte d’OrléansからRaspail間の開通が1909年10月末であることから、この地図は1908年5月から1909年10月の間のものであることは確か。

そして、裏面(裏面の存在には、撮影のために台紙を外して初めて気づいた)。サマリテーヌ百貨店の顧客用商品カタログの、見開き中央ページだったことがわかる。「シーズン終わりのバーゲン」なる見出しがあり、冬服らしきものを纏う女性2人のイラストの下に書かれたお勧めセール品の中に、「ウールの黒いコート」があることから、冬のバーゲン時だと考えられる。1909年1月頃と考えて良いだろう。

アール・デコの流行する直前、コルセットで締めたウエストと、東洋風の直線的デザインのゆったりした羽織物が並んでいて面白い。