パリ19区(Av. Secrétan)のブロカント | 2015/08


2ヶ月ぶりの19区、知人のスタンドで2個の買い物。

木を刳り貫いて作られた、小さな帆船。マスト穴が、ちょうど鉛筆を挿せるサイズ。

塗料の剥がれ具合も、ちょうど好みの感じ。塗り直そうとしてサンドペーパーで磨いたのを、途中でやめた様子がうかがえて、それもよい。

コンコルドのフェーヴ(ガレット・デ・ロワに仕込む)。持っているフェーヴの中では、最新の物になるのかな。