Maisons-Laffitteとパリ15区での収穫

まずは、土曜日のMaisons-Laffitteから。
IMG_1722.jpg
このところ毎週のように出会っているデパートの包装用の把手、また見つけました。

白い六角形の容れ物は、家庭用ヨーグルト製造器のものだと思われます。

木製の定規は、チーズのメーカーのノベルティグッズ?La vache sérieuse(ラ・ヴァッシュ・セリユーズ、「真面目な牛」)と書かれている。目盛りもまったく正確でなさそうなところが、いい感じ。

緑色の瓶の表面には、レリーフで1 Litreとある。文字ものにはやっぱり弱い…

ボビンつきのレースのリボン。

ペリカンの口のようなアルミの物体は、穀物などを量り売りするときに掬うための道具。
その上に見えるのは、ブルーの古いボタン。
レースのリボン。
小さな包帯が入っていたと思われる缶。
Mの文字のハンコ。

パリ15区では、こんな収穫↓
IMG_1725.jpg
麻の布巾。
巨大なスプーン。大皿からの取り分け用?

アルミの蓋付き容器。
小さめのソースレードル。アルミ製のと、よくわからない金属製ものの二つ。
アルミの半熟卵入れ。

トナカイの絵の鍋敷き。

白い陶製のじょうろのようなものは昔、病人に水や薬を飲ませるために使われた道具。曲線が何とも言えず美しい、さすがのGIEN窯製。

昔の鍵。
キーホルダーいろいろ。