Air Franceの世界地図(赤バージョン)

11月末の11区のブロカントで見つけたAir Franceの世界地図2枚のうち、私がクリスマスに夫に贈らなかった方がこちら。名づけて赤バージョン。

12月半ばの12区のブロカントで、私が1889年のパリ万博の鳥瞰イラストを買った時に、夫が自分で買っていた。

この時、「やったこれで2枚ともうちのコレクションだ」と私が1人ニヤニヤしていたことを、夫は知らない(もう1枚は見知らぬ他人に買われて行ったと思って落ち込んでいたから)。あの週末のDの売り上げは、私たちの買い物で黒字になったと思う。

こちらはカットされていない完全版なので、印刷年月が読み取れた。
1957年…ということは、この骨太のAir Franceロゴが誕生した年の、記念すべき印刷物ではないか!

私が贈った方は1955年印刷なので、2年しか空いていない。

構成はほぼ同じながら、世界地図が真っ赤(ソ連共産圏を連想させる色)で、東西冷戦中の当時には大胆なヴィジュアルだったのではないだろうか。銀色に見える地色はやや暖色寄りのグレーで、朱赤とのコントラストが未来的でめちゃくちゃカッコいい。

肉厚なデザインの羅針盤もいい。