パリ13区(Av. d’Italie)のブロカント | 2018/10

3ヶ月ぶりの13区

Dのところに、1923年(とDが断言。ネットでも同じような地図の1923年版が見つかるので、合ってるんだと思う)のパリの観光者向け地図があった。

ふだん買っている地図よりも小さくて、ペラペラの薄い紙に刷られている。

バスとトラムウェイのみの案内で、メトロはない。

このSociété des transports en commun de la région parisienne(パリ地方公共交通会社)は、1921年に設立され、第二次世界大戦後に現在のRATP(パリ市交通公団)が発足するまでの間、バスとトラムウェイを管轄していた企業。

1925年にできた6b番線も、1924年にできた34番線も見当たらないので、やはり1923年の地図なのだろう。

小さくても読みやすいように工夫された、活字に近い手書きデザインの文字が好きだ。