パリ11区(Bd. Richard-Lenoir)のブロカント | 2015/10

日本旅行に経つ直前の週末に訪れた、11区のブロカント。

「AM」という大文字が書かれただけの陶製容器(おそらくジャム用だろうと)。
元は白かったのがすっかり変色して、貫禄のある姿。

1904年まで使われた刻印がついているということは、約110年前の品。

この他に、1930-1940年頃のフランス海軍のウール製セーラーパンツも購入。
戦前までのウール生地は、上質でキメ細かくて大好きだ。