Yerresでの収穫

土曜日のYerresのブロカント、凍てつく風の中での収穫。

繊細な2色の模様が素敵な皿。
リムの形も凝っている。裏にある刻印が、まるで手書きのよう。

なぜか好きで見過ごせない、横長の皿。白地が黄ばんでいるので、かなり古い?

手前中央は、ガラス製のインク壷。先週に続いて2個目。

インク壺の右は、吸盤。2週間前にも買っているけれど、今回のは、より形がいびつでいい感じ。ガラスものは、仕上がりが不器用なほどかわいく思えてきて、最近はどんどん「より不細工で味のある子」を探すようになってきた。

PYREXのメジャーカップ。

陶製ピッチャー。口が欠けていないのは珍しい。

ジャム瓶がまた増えた。分厚くて不器用な手仕事のあとがいい。

スイスのカフェで使われていたと思われる、業務用カップとソーサー。
カップは下の方ほど分厚くなっていて、厚みは最大1センチくらいありそうな、重くて頑丈な作り。容量はエスプレッソくらい。
カップが8個、ソーサーは7枚(うち2枚は欠け有り)なので、やはりソーサーの方が割れやすかったのだな。深みのある森のようなグリーンが、なんとなくスイスっぽいイメージ。