パリ11区(Bd. de Charonne)のブロカント | 2015/06


11区のCharonne大通りで毎年初夏に開催の、大規模ブロカントでの収穫。

1980年のモスクワオリンピックでの公式キャラクター、こぐまのミーシャのピンバッジを7個。

特に気に入っているのはこの3つ。
公式キャラらしくない、下心すらありそうな顔つきが素晴らしい。顔の横に「デへへへ〜」とかいう吹き出しを付けたい気分になる。

緑色のバッジは、顔は善人ぽいのだけれど非常に小さくて、人差し指の付け爪のようなサイズ。裏には、キリル文字で書かれた記号の刻印。

5月末にパリ3区で見つけたのと同じ、1938年製のディズニー牛乳コップを3個買い足し。ミッキーマウスとドナルドダックが新顔で、白雪姫はこれで2個に。

ドナルドダック、描線がたくましくて強そう。

ミッキーマウスはミニーマウスに花束を贈っている。

薬局で販促品として配られた、動物平面フィギュア。
1920年代の物だそうで、アレジア薬局のスタンプが押されている。

各薬局で処方箋を調合していた時代の、なじみ客への御愛顧感謝の印というわけだ。
調合の待ち時間が多少長くても、こういうのがもらえるなら、子供も辛抱できただろうな。

素材はバルサのような安い木材。
売り主がたくさん持っていた「サーカスの動物」シリーズの中から、好きな顔のを選んだ… のだが、カエルはサーカスにいないよね?

裏側にも手描き彩色。表と裏で、顔がちょっと違うのが、またいい。

いま気づいたけれど、両生類と鳥類と哺乳類から、無意識に1つずつ選んでいたようだ。色と形しか見ていなかったのに、なかなかバランス良いではないか。