もてなし上手

昨日は、フィンランド人の友人J宅で集まっての、軽い晩餐。

招待客たちと食前酒を楽しみながらマイペースで料理し、できたて熱々の料理をみんなと一緒に着席して食べる。文字にすると簡単そうなことが、いざ実行する段になると難しいのが身に沁みているので、あらためて、彼女のセンスと手際の良さに感心。

そこにいる全員が完全にリラックスして時間を忘れて楽しむ、というのが自宅パーティーの理想型。
人を呼ぶとなるとつい気張って凝ったものを用意しがちで、結果キッチンにこもる時間が長くなって、みんなに気を使わせる。もっと簡単な料理で、自然にもてなす方向を目指したいものだ…(とか言いつつ、日本らしい料理を期待されると、はりきっちゃうんだが)