パリ15区(Rue Saint-Charles)のブロカント

先週の土曜日は、朝から雨。
傘をさして出かける元気はなく、二度寝。再び目覚めた時には11時近くだった。

昼食後、ふと外を見ると晴れているので、遅ればせながら行ってきた15区のブロカント。
「見るだけ見るだけ、目の保養」と思っていても、なぜか必ず欲しいものが見つかるのがこわい。

白い金属製の楕円型の鍋敷き。1930年代のもの。

Pernodの広告入りメモ帳。カフェでの注文控え兼レシート代わりになる、業務用メモ。

サンタクロースの絵の描かれた、クリスマスカードを5枚。

ヨーグルトBalkansの陶製容器。
以前購入したBalkansのガラス容器よりも、古いと思われる。
先週から、なぜだかヨーグルトに縁がある。

文字が明らかに曲がっているところが良い。眠たげな乳白色の陶肌も好きだ。

クリスマスカードには、
「ロバのソリ(トナカイじゃなくてロバ)を待機させる」
「背中のカゴ(袋じゃなくてカゴ)にプレゼントを積んで出発」
「サンタクロースが到着」
「煙突から紐を使って、そっとプレゼントを下ろす」
と、サンタクロースの行動が時系列で描かれている。

特に面白かったのが、

ひと仕事を終えた彼の、なんとも清々しい笑顔!
右手はピースサインをしていると錯覚したくらい、ウキウキな様子。
今から打ち上げでビール飲みに行っちゃう?みたいな。

4 Comments

  1. kotori

    ブログ村からこちらへたどり着きました。。
    とても素敵だったので、つい、twitterもフォローさせていただきました。。
    私はmrskotoriでやっています。
    サンタさんへのコメント。。良いですね。。^^

  2. paris_saisai

    Kotoriさん
    ありがとうございます!私もtwitterフォローさせて頂きました。
    Kotoriさんのブログ、「雫」「空」のシリーズが、特に素敵です。ちょくちょく遊びに行きますね!

  3. あやぺち

    こんばんわ。日本在住のあやぺちと申します。ブロカントの記事、楽しく拝見させて頂きました。
    念願かなって、7月にパリにいけることになり、有名なブロカントではなく、皆さんが普通に、古く使わなくなったものを使ってくれるほかの人へ譲るようなブロカントへいってみたいと思っていて、saisaiさんのblogに出会いました。
    初めてのコメントで、不躾な質問となり恐縮ですが、差し支えなければ、日々のブロカント情報の確認の仕方を教えていただけないでしょうか。
    滞在は7/2~7/8までなので、日曜日は1回だけです。もっともっとブロカントの空気を吸いたいので・・。
    宜しくお願い致します。

  4. paris_saisai

    あやぺちさん
    こんにちは。
    ご訪問ありがとうございます!
    7月だと、パリではシーズン終わりぎりぎり(逆に南仏などでは7-8月が充実らしい)ですが、いくつかすでに挙がっています。
    http://www.info-brocantes.com/dep-Paris.html
    http://brocabrac.fr/index.php?dept=75&limite=50
    この3つのサイトが分かりやすいと思いますが、問題は、たまに情報に間違いがあったり直前キャンセルがあったりすること…(わたしも、張り切って現地に着いてみたら無かった、という目に何度か遭っているので)
    あとは、日本語新聞OVNIの情報欄にも蚤の市の日程が載っています。
    どうしても絶対に外したくない場合は、土曜日にヴァンヴに行って、日曜日はモントルイユに行くという手も。(ヴァンヴにいるのは殆どプロの一方、モントルイユは一般人が多いけれど日用品&ガラクタ率が高い。でもモントルイユで頻繁に掘り出し物を見つけていた友人もいるので、よく探せばいろいろ見つかる可能性ありです)
    楽しい旅行になると良いですね[絵文字:e-78]