パリ18区のヴィンテージ服ショールーム | 2021/01

18区のヴィンテージ服ショールームのオーナーJから、セールのお知らせをもらったので半年ぶりに予約訪問した。

買ったのは合計4着。ここのセールはいつも楽しいのだ。

1980年代Anne Marie Berettaスカート

Anne Marie Beretta(Médianeレーベル)のコットン地スカート。
好みど真ん中のやや色あせた明るいレモン色、上品なふくらはぎ丈、贅沢なボリューム!布が多いぶんアイロンかけるのは大変ながら、着た時のカッコよさといったら。

1980年代の品物だと思う。


2着目は黒いシルクサテン地の、Nina Ricciのパンツ。

1980-90年代Nina Ricciサテンパンツ

丈詰めをしたら、かなりのテーパード裾だったのでやや不自然に仕上がった(履くとあんまりわからないけど)。せっかく縫ったけどやっぱりほどいて折り上げて履こうか、もしくはいっそのこと裾にゴムを入れてしまおうか、と考え中。

これもおそらく1980年代。飛行機で移動する時とかに、こういうパンツを履きたい。


3着目はYves Saint Laurent(variationレーベル)の青いウール地スカート。

1980年代YSL variationスカート

実はこれ、プリーツスカートだった。洗って干したらギャザースカートみたいになってしまったけれど、プリーツはあんまり好きじゃないのでこれでいいや。

ウエストのゴムを替えるのが大変そうで、なにか他にうまい方法がないかと考えている。1980年代後半の品物。


4着目、超軽量ポリエステル地のブラウス。これが今回の買い物の中では最安だったのだけれど、いちばん気に入っている。

1980年代ブラウス

いかにも1980年代なコウモリ袖に、ジョッキーの勝負服のような雰囲気の菱形模様。

Anne Marie Berettaの黄色いスカートと合わせて試着したら、とても良かった。


あ、買い物の5個目があった、樹脂製ブレスレット。

ワインレッド寄りでない、朱赤のものをずっと探していたのだ。意外なところで見つかった。