パリ5区(Pl. Jussieu)のブロカント | 2017/04

特に興味を惹くようなブロカントはない日だったけれど、家にじっと篭っているのもつまらないので5区の住民バザーを冷やかしに行く。

老婦人のスタンドで、古い軍服のボタンを見つけた。第一次世界大戦の砲兵(artillerie)の制服用で、おそらく売り主の父親の世代。
15個ほどあった中から、似通った色姿の8個を選んだ(端切れ付きの1個はおまけにもらった)。こういう細かいパーツはいざ探そうとするとなかなか見つからないので、出会ったら買っておく。