パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2016/11 後編


ほぼ毎回、2度は通っている3区のブロカント。2日目は夫と出掛け、夫の従兄弟Tとの待ち合わせ前に着いて、1時間ほどブラブラ見て回る。

前日にも見たスタンド(6年前に薬局のボウルを買った覚えがある)に、私の大好きなフランス海軍のリネン制服が吊られていたのを発見。とても良い状態で、買うのを決めたところで「実は同じのがもう1着あるよ」と言われて2着購入。どちらも1964年製。

従兄弟Tが約束の時刻を過ぎても現れないので、顔なじみのL氏のスタンドを再訪。
話し込んでいる間に、額装されていたパリの名所入りの古い素敵な地図が売れていってしまい、焦ってもう1つの方の地図を買った。

1924年とペンで書かれているので、それ以前に発行された地図であることは確か。

紙に刷られたページが、大きな布に貼り合わされた作り。そうか、昔は大きいサイズのカラー印刷が、今のように簡単にはできなかったのだ。

パリのメトロがまだRATPという組織ではなく、数社が分担操業していた時代。
メトロの終点がクルンと紐を結んだように丸まっている、各線が終点で折り返し運転をしていたから。この丸い先端がとても可愛い。


もちろんポンピドゥー現代美術館は存在しない、画像右上のBeaubourg(ボブール)という名の通りが今の場所(だからこの美術館は別名「ボブール」と呼ばれる)。レ・アール中央市場も健在なのがわかる。

従兄弟Tと無事に落ち合った後に見つけたアニョー・パスカル用の型は、19世紀の品。動物の焼き菓子型は長いこと探していた、これはかなり小さくていい感じ。角みたいな支柱がついているのは、オーブンで焼く際に逆さにするからである。アルザス地方の復活祭の郷土菓子アニョー・パスカル、いつかレシピを調べて作ってみたいと思う。