パリ16区(rue Chardon-Lagache)のブロカント

先週の土曜日、友人Aさんを誘ってパリ16区のブロカントへ。
高級住宅地なので、毛皮着用率が異常に高い…
IMG_2999.jpg
ガラス製の細長い容れ物は、旅行用詰め替え容器セットのうちの1つと思われる。

陶製の筒型ケースは、「フィルムケース(若しくは薬瓶)」という説明。この数日後に別の場所で、同じケースのラベル付き且つ内容物入り状態を偶然目撃した、ポマードが入っていたらしい。底には「15」とか「24」とかの謎めいた数字、やっぱり薬局の物だろうね。

半熟卵用の小さなスプーンと、もっと小さな食卓塩用(たぶん)スプーン。