パリ14区(Av. René Coty)のブロカント | 2015/06


Arago大通りのブロカントを後にして、14区のRené Coty大通りへ。友人が住んでいた頃はたまに来ていた界隈だけれど、ここでのブロカントは初めて。

19世紀の病人介護用スプーン。

錫製で、蓋つき。シロップ状の薬を入れて、先端の開口部から患者の口にゆっくり流し込む、という使い方。

蓋は大きく開くし、わりと使いやすそう。

逆さでも綺麗。

これを売ってくれた夫婦との会話が楽しかった。
彼等のスタンドで最初に気になった品が、獣の頭部に杯がくっついたデザインの錫のコップ。

イノシシや鹿など、狩りで馴染み深い数種類の獣がモチーフで、液体が入った状態では、下向きの獣の頭部を握って持つ。食卓に置く時には飲み口が卓上につけられ、獣の頭が正位置に。

飲み物に毒を盛られるリスクも少なくなかった領主制時代、注がれたワインは一気に飲み干し、杯を逆さにする慣しがあったそうで。同じ獣が2つと無いので、他人のグラスとの取り違えも避けられる。

以上をテンポ良く面白おかしく話してくれたので引き込まれ、色々見せてもらっているうちに、病人介護用錫製スプーンを見つけたのだった(獣グラスは20世紀製のレプリカで、数も多すぎるので買わず)。

1929年前後の古い印刷物。Air Franceの荷物タグのデザイン、力強くて大好きだ。

ある家族が、家の新築または改装を検討中に集めた専門業者のカタログが、どっさり売りに出されていたもよう。

左はタイルの業者のリーフレット。

右のアール・ヌーヴォー感あふれるリーフレットは、他より少し古くて1902年発行。金属製部品やケーブル線、電気配線などを請け負う業者で、オペラ地区のVolney通り10番地が本社。国内の数カ所に工場を持ち、万国博の審査員も務めた、とある。右上に、Le Mans営業所の担当者名が、スタンプで押されている。

こちらは門扉の業者、1929年発行。直線的な意匠で、アール・デコっぽい。

今も5区に現存のMaison de la Mutualité(劇場、会議場、パーティー会場としての機能を持つ建物。1930年の建造、当初はフランス革命年と同じ数字の1789席を有する大劇場で、パリ共済保険連盟の本社住所。左派政党の集会や左派アーティストのコンサート等に使われていた。後の改築で800㎡の大会議室と35から130㎡の9室に分けられ、会議場・研修室として運営されている。アール・デコ様式の外観は2011年に歴史的記念建造物に指定)が発行した、1951年の案内冊子内の広告。

この冊子、ほとんどが広告ページで、現代のファッション誌もびっくりであろう。いかにも50年代っぽい書体とレイアウト。制約の多い条件で作られた、昔の広告デザインは面白い。

同じスタンドで夫は、1950年代のAir Franceロッキード機やフランス空軍の戦闘機の写真を、破格で見つけて嬉しそうだった。