Saint-Martin d’Etampesでの収穫

土曜日のEtampesでの収穫。

見つかるときは集中して見つかるもので、また古いオイルランプを発見。
前週にパリ10区で買ったものとは、微妙にちがう。
正面にハトのマークがついたLampe Pigeonというメーカーのもので、1885年に銀賞受賞との文字。

手前の蓋つきの白い器は、その行儀の良い姿にひと目惚れ。
青味がかった白が、東洋の白磁を連想させる。

カフェオレ用ボウルを3つ。
花柄のものは、3重になった高台部分のデザインが面白い。絵の構図もバランスいい。

特大サイズの青いウロコ柄ボウル。まるでどんぶり鉢のような大きさ。

白無地のボウル。これは以前にパリ3区で購入した、やたらと重いボウルの仲間かもしれない。