Posts Tagged 'レース'

パリ5区(quai de la Tournelle)のブロカント | 2019/07

2ヶ月ぶりの5区セーヌ川沿いのブロカント。 ノートルダム大聖堂の改修工事用の足場組みが進んでいる様子を見やりつつ、河岸へ降りる。 たまに買い物をする男性のスタンドで、第二帝政様式のペンダントトップを見つけた。チェーンを通

/ パリ5区(quai de la Tournelle)のブロカント | 2019/07 はコメントを受け付けていません。

パリ5区(quai de la Tournelle)のブロカント | 2019/07

2ヶ月ぶりの5区セーヌ川沿いのブロカント。 ノートルダム大聖堂の改修工事用の足場組みが進んでいる様子を見やりつつ、河岸へ降りる。 たまに買い物をする男性のスタンドで、第二帝政様式のペンダントトップを見つけた。チェーンを通

/ パリ5区(quai de la Tournelle)のブロカント | 2019/07 はコメントを受け付けていません。

パリ8区(rue Tronchet)のブロカント | 2018/10

去年もちょうど今ごろに来ている、8区のブロカント。 何度か買い物をしている老夫婦のスタンドで、金色のクラッチバッグを見つけた。 すごく良い状態というわけではないものの、自分で使うぶんには気にならない程度のダメージ。どうし

/ パリ8区(rue Tronchet)のブロカント | 2018/10 はコメントを受け付けていません。

パリ8区(rue Tronchet)のブロカント | 2018/10

去年もちょうど今ごろに来ている、8区のブロカント。 何度か買い物をしている老夫婦のスタンドで、金色のクラッチバッグを見つけた。 すごく良い状態というわけではないものの、自分で使うぶんには気にならない程度のダメージ。どうし

/ パリ8区(rue Tronchet)のブロカント | 2018/10 はコメントを受け付けていません。

パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2018/06

前回からは半年ぶり、初夏に来るのは2年ぶりである。道路工事の都合か何かで、例年よりも1ヶ月ほど遅い開催だった。 よりにもよって酷暑で大変な週末で、いつもなら2度は訪れるほど好きなブロカントなのに、1度しか行かなかった。午

/ パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2018/06 はコメントを受け付けていません。

パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2018/06

前回からは半年ぶり、初夏に来るのは2年ぶりである。道路工事の都合か何かで、例年よりも1ヶ月ほど遅い開催だった。 よりにもよって酷暑で大変な週末で、いつもなら2度は訪れるほど好きなブロカントなのに、1度しか行かなかった。午

/ パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2018/06 はコメントを受け付けていません。

パリ8区(Pont Alexandre-III)のブロカント | 2018/03

8区の金ピカの橋の下でのブロカント。 テキスタイル専門の女性のスタンドで、CalaisとChantillyの黒いレースを何枚か見せてもらう。 悩んだ末に選んだ1枚は、1900年ごろのCalais産。 スタンドの主によれば

/ パリ8区(Pont Alexandre-III)のブロカント | 2018/03 はコメントを受け付けていません。

パリ8区(Pont Alexandre-III)のブロカント | 2018/03

8区の金ピカの橋の下でのブロカント。 テキスタイル専門の女性のスタンドで、CalaisとChantillyの黒いレースを何枚か見せてもらう。 悩んだ末に選んだ1枚は、1900年ごろのCalais産。 スタンドの主によれば

/ パリ8区(Pont Alexandre-III)のブロカント | 2018/03 はコメントを受け付けていません。

パリ15区(Bd. de Grenelle)のブロカント | 2018/03

珍しく晴れて気持ちの良い日だった、15区のメトロ高架下のブロカント。 ステンシル絵つけの小さなキャニスターを2個、そろいで見つける。刻印はSaint-Amandで、製造時期はおそらく1920-1930年。 デザインの流行

/ パリ15区(Bd. de Grenelle)のブロカント | 2018/03 はコメントを受け付けていません。

パリ15区(Bd. de Grenelle)のブロカント | 2018/03

珍しく晴れて気持ちの良い日だった、15区のメトロ高架下のブロカント。 ステンシル絵つけの小さなキャニスターを2個、そろいで見つける。刻印はSaint-Amandで、製造時期はおそらく1920-1930年。 デザインの流行

/ パリ15区(Bd. de Grenelle)のブロカント | 2018/03 はコメントを受け付けていません。

L’Isle-sur-la-Sorgueのブロカント | 2017/08 後編

南フランスのL’Isle-sur-la-Sorgueでのブロカント訪問、後編。 この麻布は、ベッドのマットレス部分を包む布の一部で、18世紀のアルザス地方のものだろうと言われた。 何カ所にも点々と2つずつ穴があるのは、マ

/ 2 Comments

L’Isle-sur-la-Sorgueのブロカント | 2017/08 後編

南フランスのL’Isle-sur-la-Sorgueでのブロカント訪問、後編。 この麻布は、ベッドのマットレス部分を包む布の一部で、18世紀のアルザス地方のものだろうと言われた。 何カ所にも点々と2つずつ穴があるのは、マ

/ 2 Comments

パリ19区(Pl. des Fêtes)のブロカント | 2014/07

夏休みでパリが空いていた頃の、19区のブロカント。 知人のスタンドで、こじんまりと買い物。 かわいい額だなと思って見ていたら、18世紀のCanivet(カニヴェ)という、修道女の手による作品だとの説明を受けた。 カニヴェ

/ 2 Comments

パリ19区(Pl. des Fêtes)のブロカント | 2014/07

夏休みでパリが空いていた頃の、19区のブロカント。 知人のスタンドで、こじんまりと買い物。 かわいい額だなと思って見ていたら、18世紀のCanivet(カニヴェ)という、修道女の手による作品だとの説明を受けた。 カニヴェ

/ 2 Comments

パリ20区(Père-Lachaise)のブロカントに2回行く

先週の土曜日の、パリ20区のブロカント。Père-Lachaise墓地の石垣沿いにずらりと並ぶスタンドを見て、夏休みが終わったのだな、と。 この日は他の買い物のついでに寄ったので、さっと見て、さっさと買って、退散。 古い

/ パリ20区(Père-Lachaise)のブロカントに2回行く はコメントを受け付けていません。

パリ20区(Père-Lachaise)のブロカントに2回行く

先週の土曜日の、パリ20区のブロカント。Père-Lachaise墓地の石垣沿いにずらりと並ぶスタンドを見て、夏休みが終わったのだな、と。 この日は他の買い物のついでに寄ったので、さっと見て、さっさと買って、退散。 古い

/ パリ20区(Père-Lachaise)のブロカントに2回行く はコメントを受け付けていません。

Maisons-Laffitteとパリ15区での収穫

まずは、土曜日のMaisons-Laffitteでの収穫。 このところ毎週のように出会っているデパートの包装用の把手を、また見つけた。 白い六角形の容器は、家庭用ヨーグルト製造器のものだと思われる。 木製の定規は、チーズ

/ 2 Comments

Maisons-Laffitteとパリ15区での収穫

まずは、土曜日のMaisons-Laffitteでの収穫。 このところ毎週のように出会っているデパートの包装用の把手を、また見つけた。 白い六角形の容器は、家庭用ヨーグルト製造器のものだと思われる。 木製の定規は、チーズ

/ 2 Comments