パリ8区(Bd. Haussmann, rue Tronchet)のブロカント

土曜日のLe Pecqのブロカントの後に行った、パリ8区のブロカント。
着いて5分もしないうちに、すごい品を発見!

不思議な形のガラス製メジャーカップ、これを探してはや、数ヶ月。
あまりに見つからないのであきらめかけていたのが、とうとう見つかった。
美しい筆記体で、重量と容量の目盛りが記されている。

コーヒースプーン(5ml)、デザートスプーン(10ml)、スープスプーン(15ml)、リキュールグラス(25ml)、マデラ酒グラス(50ml)、ボルドーグラス(75ml)、というふうに目盛りがついている。

目盛りの逆の面には十時のマークが入っているので、おそらく薬局で使われていたもの。かなりの珍品とは知っていたけれど、売り主の男性までもが「過去40年で見たのはこれ1つ」と言い切った!

バスク模様のコンポティエと深皿を、まとめ買い。
コンポティエを含む3枚にはBéarnの刻印、残りは特に刻印なし。さっそくパスタを盛るのに使ってみた。やっぱりこの皿はいいな。

木製のすりこぎ。同じ形のを1個持っているのだけれど、この曲線を見るとつい、手に取ってしまう。

ティースプーンよりも小さいスプーン。用途は知らない。
虫眼鏡でないと見えないサイズで、Christofleの刻印あり。

2 Comments

[…] 私の想像と少し違ったのでしばらく考えたものの、手に取って眺めているとだんだん愛着が湧いて来て、購入。再び色々と話しているうちに、彼女が熱心な古い物コレクターだったことが判明、しかもアルミと木製の道具が好きだという。好みが私と似ている!結局、バスクの器の他に、摺り子木とボウルも売ってもらった。 このバスクの器、珍しい事に把手付き。私が集めているBéarnシリーズよりも明るい青色、微妙に迷いがある筆致に手描き感満載。 […]

Comments are closed.