パリ9区(rue de Maubeuge)のブロカント | 2014/11

11月後半に訪れた、パリ9区のブロカントでの収穫。

陶製のツバメの壁飾り
南仏の海辺の町で、一軒家の外壁に実際に飾られているのを見た時は、たいそう感激したものだ… ツバメは、幸せを運ぶシンボル。

お腹側に穴があって、フックに引っ掛けられる。

フランス軍の看護婦の上着、第二次世界大戦中のもの。
作業しやすい7分袖、圧縮ウールの優れた防寒性。何より、色がいい。

こちらはフランス海軍の制服、1969年製。

左肩にある刺繍「S M」とは、Secrétaire de Marineの略だという。以前にも買い物をした、軍物スタンドにて購入。着れば、見知らぬ老人紳士に冗談で敬礼されるというオマケが。

4 Comments

  1. navi

    初めまして。
    楽しく拝見しております。
    フランスの軍服を探していたのですが、ご存知の軍物のお店をお教え頂けないでしょうか。
    お手数ですが宜しくお願い致します。

    • saisaisai

      naviさん
      コメントありがとうございます。軍物はもっぱらブロカントで見つけたら買うという感じなので、パリの専門店などは知らないのです…
      私が最近服を買っているブロカントのスタンドはMon Îleという名の業者で、ブルターニュから来ているようです。

  2. navi

    早速お返事ありがとうございます。
    パリに行く機会があり、先月も探してみたのですがなかなか見つかりませんでした。
    また行った時に探してみます。

    ブロカントは楽しいですね。
    これから寒い日が続きます。
    風邪などひきません様。
    楽しみに拝見します!

    • saisaisai

      naviさん
      ブロカントだと、春と秋には軍物のスタンドが比較的多めです(パリの11区や9区)。いつか好みの物が見つかるといいですね!