Saint-Rémy-lès-Chevreuseのブロカント その1

日曜日は、パリ南郊外の町、Saint-Rémy-lès-Chevreuseへ。

RERのB線はストライキ中なるも、ほとんど気にせず決行。参加者は3名。
B線の終点で下車、ここは最果てのゾーン6。

駅のすぐ側に、牛たちが草を食む光景。のどかだ。

古そうな教会。街灯もメルヘンチックでかわいいデザイン。

小学校の建物もかわいらしい。

このあと見つけたパン屋でクロワッサンを買って食べながら歩く。
激寒!手がかじかんで動かない。

チャーミングな家ばかり。

生け垣が成長して道路標識を包みこんでしまったので、標識の部分だけが見えるように、剪定してある。


地図を見た時には雑木林を抜けるのだと思っていた、実は小さい山越えだった。
かなり急な上り坂。でも体があったまっていい感じ。

庭から絶景が臨めるであろう、このお家。

頂上まで登ると今度は平らな住宅地。
ものすごく古いというわけではないけれど、大きな家ばかり。
しばらく歩くと、

ブロカントが見えた!
(つづく)