Montreuilのブロカント

この日は、初めてCさんの方からハシゴの提案が。
Joinvilleから2つの市を北へ隔てた街、モントルイユへ移動。
土日連続でのブロカントのハシゴは、初めてだ。

RER線のVincennes駅から、ゆっくり歩いて15分弱。スタンド数は200強というところ。
予想に反して、衣類や日用雑貨を売るスタンドは少なく、古い食器が多い。

日差しが強くて、終わりの方は歩くのもやっと、というくらい疲れてしまった。
JoinvilleにもMontreuilにも、バーベキューやフライドポテトのスタンドがなかったのが残念(市街地の通り沿いでは規制があるのか、それともカフェが臨時営業するのでそちらでお金を落としてほしいのか?)。

すっかりフライドポテト気分が盛り上がっていたので、ちょっと消化不良な気分… と思いながらの帰り道に、小さな広場を見つけてベンチで休憩。

すると、トラックがやって来て、

眉毛のある
ピンクのトラック!

しばらくぼーっと見ていた私たち、はたと気づいて近寄った。
サンドイッチや飲み物を売っているのだからきっと…!

「フライドポテトありますか?」
もちろん!という答えと同時に、営業を開始してくれた。

ポテトが揚がるのを待つ間、なんとなくメルゲーズ・ソーセージも欲しいよね、と追加注文。

仇のように盛られたマスタード。これで5ユーロ也。
やっぱり遠い郊外に比べると、屋台のごはんも高いな。

この後、Cさんはもう1ヶ所ハシゴする気満々だったようだけれど、私はギブアップ。
もうこれ以上、荷物を増やすと帰れない!