パリ14区(Bd. du Montparnasse)のブロカント | 2018/12

モンパルナス駅近くの、この道沿いのブロカントには初めて来た。

軍ものディーラーTのところに、フランス海軍のニットが2種類あった。
1つはイギリス領ガーンジー島で作られた目の詰まったタートルネック、もう1つはフランス製造のリブ編みボートネック。

2つとも試着して、より似合ったボートネックの方を購入(タートルネックの方は、ちょっと動きにくい形だった)。
1997年製のデッドストックで、着てみるとその保温性に驚く。普通の平凡なニットに見えるのだけれど、さすがミリタリー品。