パリ11区(Bd. Richard-Lenoir)のブロカント | 2018/06

定期的に来る11区のブロカント。

まずは皿を3枚。

花の絵の2枚はChoisy-le-Roi窯(1878年以降)。


楕円大皿はCréil et Montereau窯(図案がいかにも第二帝政期趣味なので、おそらく19世紀後半)。このColbertシリーズはあまり出回っていなくて、詳しい製造時期などの情報が出てこない。

1度は手に取ったものの、買わずに立ち去ったジャケット。やっぱり気になるので、夫がレコード屋の人と話している間にスタンドを再訪。布と縫製の状態をすみずみまで確かめ、においチェックもして、さてどうしようかとまだ迷っていると、値下げのひと声が。そこまで言われたら買わないわけにいかなくなった。おそらく数度しか着用されていない、大の掘り出し物である。

エミリオ・プッチのショート丈ジャケット、1970年代のもの。

プッチの服と小物はいくつか持っていて(前職の洋服屋で買った)、これと似たような配色柄の、シルクのチュニックがあったのを思い出す。

サイズ表記は「8」で、イタリア式でなくアメリカ式のMサイズ。当時、プッチが最も売れていたのはニューヨークの店舗だったというから、このサイズ表記にも納得がいく。