Triel-sur-Seineのブロカント | 2012/09

友人Yさんとの間で、いまや毎年の恒例行事になった、Triel-sur-Seineのブロカント。
前日ギリギリに私があわてて誘ったので、平日の疲れを取る暇がなかったYさんは、同じ電車には間に合わず… 1人だと異様に長く感じる、車中の50分。

日差しが強くて、サングラスを忘れたことを後悔しつつ、端から順番に回る。

アルミ製のレードルと、水汲み用?の杓子。

Vichyの缶は、これで2個目になる。

バスク織りの大きなテーブルクロス。
スタンドのテーブルに敷いて備品扱いだったのを、交渉して売ってもらった。

「商品をクロスの上に並べてしまったので今すぐは引き渡せないけれど、夫が来たら一緒にクロスを取り替えておくから」ということで、約1時間半後に取りに来ることを約束。赤×紺のデザインのクロスは初めて、しかも特大サイズで、とても状態が良い。大事に使われてきたのだな。

そうこうしているうちに、1本遅い電車に乗ったYさんが到着。ひとしきり話した後、それぞれのペースでブロカントの続き。

この日の大収穫、Lipの1940年代製の手巻き時計。
小さな品のいい時計を長らく探していたので、試しにネジを回して「カチカチ…」という音を確認した時は、思わず「よっしゃ!」と叫ぶくらい興奮。
ブロカントで売られている時計は大抵が要修理なので、これはラッキー。週明けすぐに時計屋に行き、似合いのベルトを付けてもらった。

お酒のボトルの首に掛ける札。貝製のと、ホーロー掛けのもの。
ラム、マラガ、シャルトゥルーズ… と読んで、2週間前に買った貝製のブローチのことを思い出した。あれは、このシャルトゥルーズというお酒の、プロモーショングッズとかオマケとか、そういう類いのものだったのでは?!

途中で強めの雨が降り出し、晴れ予報だったのになぜか持ってきた折り畳み傘が、役に立つ。昼食はパリで取ることにして、バスクのクロスを引き取り、駅へ。

パリ到着は14時15分頃になる、レストランの昼営業が終わりそうな微妙な時間… 車中でネット検索、Yさんオススメの韓国料理屋に行こうという話になっていた。
ところが、Saint-Lazare駅を降りてすぐの所にステーキ専門店Hippopotamusを見つけ、ふらっと入店。

さすがノンストップ営業のファミレス、遅めの昼食をとる人々で賑わっていた。10分ほど待って席に案内される。Hippopotamusは10年ぶり、しかも前回食べたのはイカのフライか何かで、ちゃんとステーキを頼むのは初めてだ。

シャトーブリアン(180g)、焼き具合もすばらしい。
選べるソースは3種類、でもステーキには断然マスタード派な私は使わず。
つけ合わせには、ポテトソテーかフライドポテトかインゲン豆ソテーを選べて、なんと、おかわり自由らしい。

2 Comments

  1. yukiko

    Lipの時計いいね。
    私も長らくこんな感じのに出会うことを待ってる〜。

  2. paris_saisai

    Yukikoさん
    時計、状態のいいものをなかなか見つけられず、やーーっと出会えた!という感じでした。メーカーは特に気にしていなかったのに、たまたま見つかったのがLIPで二重にラッキーです…