パリ14区(Pl. Jacques Demy)のブロカント | 2015/12

昨年12月末に訪れた、2015年最後のブロカント。

14区のジャック・ドゥミ広場という場所を、初めて知った。
ジャック・ドゥミと言えばカトリーヌ・ドヌーヴ姉妹が主演の「ロシュフォールの恋人たち」の監督である。フランスかぶれなら1度は触れたことがある作品ではなかろうか。

すぐそばの小さい店から行列が溢れ出ていたので看板を確かめたら、熟成肉の名店Hugo Desnoyerだった。

最初に見つけた皿は、K&G Lunévilleの刻印、初めて見るPinsonnetという鳥(日本名はマヒワ)の図案。

どんな姿なのだろうと調べていて、同じ種類の鳥でも、フランスと日本では随分と姿が違うことに気付く。フランスのマヒワが細長くシュッとしているのに対し、日本のマヒワはずんぐりして可愛い。

木の実が好きな鳥なので、葡萄の木に止まっているようだ。頭の上の黄色い物は何だろう、デザイン上の装飾?

笑っているようにも見える。アール・デコの流行が始まる少し前、1910年代前半の品ではなかろうか(手持ちの資料にLunévilleの刻印の情報が極端に少ないので、図案の様子から推定)。

マヒワの皿の支払いをしてスタンドを去ろうとした時に、白い容器が目に入った。中に売り物のボタンがたくさん入っていたのを、空けて売ってもらった。

19世紀のCréil et Montereauのパテ容器。こんな良い状態でひょっこり見つかるとは、嬉しい。

そしてこの容器の支払いを済ませていよいよスタンドを去ろうという時に、白い皿が神々しく現れた!このスタンドには去り難い魅力がある、というか、最初から注意深くすみずみまで見なさい、私は何を見ているのだ。


1830年頃のアルザス地方の皿だそうで、とても品のいいレリーフ模様。これはちょっと高かった。

やっと別のスタンドに移動して、見つけた鳥の絵。木版に絵の具で描かれている、元は何かの箱の蓋だったのかも?

おそらく戦前の物、と言われた。

この後、顔見知りの元潜水艦乗りの男性のスタンドに寄って少し話し、ある約束を取り付けたので、翌日の日曜日も同じブロカントを訪れた。彼の宝物の1つである19世紀の消防士のスモックを見せてくれるというので、張り切って出かけた。いやー、ほんとに素晴らしかった、記念に写真を撮らせてもらって、撫で回して帰って来た。

ついでにそのスタンドで、ツバメのワッペンをいくつか購入。ボーダーカットソーの肩につけたら、かわいいと思うんだ!