パリ15区(rue Saint-Charles)のブロカント | 2014/11

IMG_0871
11月最初に訪れたパリ15区のブロカントでの収穫。
IMG_0872
おそらくホテルの厨房なんかで使われていたのではないかと思われる、楕円形の銀メッキ製容器。裏返せば2個目の容器になる蓋も揃っている。
IMG_0873
木製に金色のペイントがされた額。ガラス板は無いものの、白いパテ盛りではない木彫りの額は珍しいので、見つけたら買う。
IMG_0874
匙部分の大きなスプーン、2本それぞれ別のスタンドで発見。右の物は錫製、アール・デコっぽい意匠から1930年頃のものと推測。左の真鍮&銀メッキ製の方は、アール・ヌーヴォー風味に見えるので、19世紀末生まれ?
IMG_0875
真鍮の匙の柄部分には鷲の意匠… ということは、19世紀半ばあたりのナポレオン3世時代の物である可能性も。
IMG_0876
こちらは、上記2本の前に入手済みのスプーン。Pelle à fraise(イチゴ用スプーン)との但し書きだったのだが、今回見つけた2本もイチゴ用なのだろうか?19世紀製、ナポレオン3世スタイルのデザイン。
IMG_0877
この、ちょっと東洋趣味が入ったような植物柄が好きなのだ。大皿から料理を取り分ける際に試してみたが、非常に使いやすかった。