パリ13区(Av. des Gobelins)のブロカント

3連休の2日目は、パリ13区のGobelins大通りへ。
陽も傾きかけるかという時間に到着したので、犬の散歩ついでにスタンドを冷やかす人が多かった。

蓋付きのガラス瓶。蓋が完全な形で残っているのは、めずらしい。

Air Franceファーストクラス用の灰皿、Sarregueminesの刻印あり。
全く同じデザインの灰皿でGien製のものも売られていたけれど、価格はなんと3倍!なので、そちらは買わず。

1950年頃のリネン製ふきんを3枚。
2枚は赤のライン入り、1枚には文章が刺繍されている。

上下には赤の刺繍で、

A LA FERME ATTENTION AUX FILS ELECTRIQUES DENUDES
農場では、剥き出しの電線に注意
SUE LA ROUTE : RESPECTEZ TOUJOURS LA PRIORITE
道路では : 優先道路を常に守ってください

中央には紺色の刺繍で、

LA MUTUALITE AGRICOLE DE L’EURE VOUS CONSEILLE
Eure県農家共済からの忠告

文字入りグッズが好きなので、よく読みもせずに買ったけれど、「農協の安全標語入り手ぬぐい」みたいなものか!素晴らしいな。

一緒に行った夫は、稀少なレコードを2枚も入手してよろこんでいた。

2 Comments

  1. le+1er+aout

    こんにちは♪
    あはは!これがまさに農業組合的な~
    日本でいうプリントのタオル的なものですね!!!(てぬぐいかも!?)
    でも、やっぱかわいいですね☆
    楽しい&おもしろいで~す!!!

  2. paris_saisai

    こんにちは!
    そうそう、いわゆる手ぬぐいですよね… 国は違えど、農協とかが作るものはツボが似ていて面白い。
    日本語が書いてある品を欲しがる外国人の気持ちが、今ならよくわかります(笑)。