Antonyのブロカント

土曜日はRERのB線に乗って、パリ南郊外のAntonyへ。
車中から見える景色には、昨夜の雪がうっすらと残る。
やっぱり郊外はずいぶんと気温が低い。

歩いている途中で見かけた、ルノーの整備工場の古い広告。
寒さで手が震えて写真がブレている。

地図の目測では駅から徒歩約30分。覚悟して黙々と歩いたところ、20分弱で到着した。
アスファルトが凍っていて、何度もすべりそうになる。

町の公民館のような建物内が会場で、まさに地元の人たちのバザーという感じ。
こういう屋内型のブロカントは初めてだけれど、なかなか面白かった。