Monthly Archives: 11月 2010

Eglyでの収穫

日曜日のEglyでの収穫。 ずっと探していたワイヤーのカゴ。 見つかる時は急に見つかるものだ。 左のカゴの中には、Monsavonのアルミ製の石鹸ケースと、バスクの陶器に似た配色の卵立て。 ヒヤシンス栽培用ガラス瓶を、ピ

/ 2 Comments

Eglyでの収穫

日曜日のEglyでの収穫。 ずっと探していたワイヤーのカゴ。 見つかる時は急に見つかるものだ。 左のカゴの中には、Monsavonのアルミ製の石鹸ケースと、バスクの陶器に似た配色の卵立て。 ヒヤシンス栽培用ガラス瓶を、ピ

/ 2 Comments

Antonyでの収穫

土曜日のAntonyでの収穫。 1番奥と右手前にあるのは、料理レシピの本。 イラストやレイアウトのセンスが面白い。 売り主の女性が結婚当時、贈り物としてもらったのだとか。 彼女の手書きの買い物メモやレシピの写しが挟んであ

/ One Comment

Antonyでの収穫

土曜日のAntonyでの収穫。 1番奥と右手前にあるのは、料理レシピの本。 イラストやレイアウトのセンスが面白い。 売り主の女性が結婚当時、贈り物としてもらったのだとか。 彼女の手書きの買い物メモやレシピの写しが挟んであ

/ One Comment

パリ3区(rue de Bretagne)での収穫

金曜日のパリ3区での収穫。 左奥のアルミ製水切りは、目がものすごく細かい。 ハンドルの穴の形とか、ネジの数と間隔とかも好き。 薄水色の金属製の鍋敷きは、1900年頃のもの。 白いボウル。陶器なのに、まるで薬鉢かと思うよう

/ 2 Comments

パリ3区(rue de Bretagne)での収穫

金曜日のパリ3区での収穫。 左奥のアルミ製水切りは、目がものすごく細かい。 ハンドルの穴の形とか、ネジの数と間隔とかも好き。 薄水色の金属製の鍋敷きは、1900年頃のもの。 白いボウル。陶器なのに、まるで薬鉢かと思うよう

/ 2 Comments

Eglyのブロカント

3日連続ブロカントの最終日は、パリ南郊外の町、Eglyのブロカントへ。 日曜日は電車の本数がぐっと減るので、かなり早めに出発することに。 またまた寒さに震えてブレた写真。駅からの道沿いにあった、古い農家。 以前行ったAu

/ Eglyのブロカント はコメントを受け付けていません。

Eglyのブロカント

3日連続ブロカントの最終日は、パリ南郊外の町、Eglyのブロカントへ。 日曜日は電車の本数がぐっと減るので、かなり早めに出発することに。 またまた寒さに震えてブレた写真。駅からの道沿いにあった、古い農家。 以前行ったAu

/ Eglyのブロカント はコメントを受け付けていません。

Antonyのブロカント

土曜日はRERのB線に乗って、パリ南郊外のAntonyへ。 車中から見える景色には、昨夜の雪がうっすらと残る。 やっぱり郊外はずいぶんと気温が低い。 歩いている途中で見かけた、ルノーの整備工場の古い広告。 寒さで手が震え

/ Antonyのブロカント はコメントを受け付けていません。

Antonyのブロカント

土曜日はRERのB線に乗って、パリ南郊外のAntonyへ。 車中から見える景色には、昨夜の雪がうっすらと残る。 やっぱり郊外はずいぶんと気温が低い。 歩いている途中で見かけた、ルノーの整備工場の古い広告。 寒さで手が震え

/ Antonyのブロカント はコメントを受け付けていません。

パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント

週末直前の金曜日は、パリ3区で久々のブロカント。 初雪予報も出た、凍りつくような気温の中を出かけた。 年に2回開催される大規模なブロカントで、今回も楽しみにしていた。 とにかく寒いので、帽子の着用率も高い。皆さんよくお似

/ パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント はコメントを受け付けていません。

パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント

週末直前の金曜日は、パリ3区で久々のブロカント。 初雪予報も出た、凍りつくような気温の中を出かけた。 年に2回開催される大規模なブロカントで、今回も楽しみにしていた。 とにかく寒いので、帽子の着用率も高い。皆さんよくお似

/ パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント はコメントを受け付けていません。

L’Epi Dupin

パリに旅行で訪れていた頃から好きなレストラン、L’Epi Dupin。 10月のある日、ドイツ出張の続きでパリへ寄ったNさんとの夕食をここで。 アミューズ・ブーシュはカボチャのスープ。 カルダモンがかすかに香り、ケシの実

/ 2 Comments

L’Epi Dupin

パリに旅行で訪れていた頃から好きなレストラン、L’Epi Dupin。 10月のある日、ドイツ出張の続きでパリへ寄ったNさんとの夕食をここで。 アミューズ・ブーシュはカボチャのスープ。 カルダモンがかすかに香り、ケシの実

/ 2 Comments

自動販売機Selecta

フランスの駅構内で見かける自動販売機、Selecta。 ここ数年でロゴを新調し、マシーンも新型の物に変わりつつある。 これはFontenay-le-Fleury駅のもの。 商品はこんな風に並んでいる。 商品番号の横に値段

/ 自動販売機Selecta はコメントを受け付けていません。

自動販売機Selecta

フランスの駅構内で見かける自動販売機、Selecta。 ここ数年でロゴを新調し、マシーンも新型の物に変わりつつある。 これはFontenay-le-Fleury駅のもの。 商品はこんな風に並んでいる。 商品番号の横に値段

/ 自動販売機Selecta はコメントを受け付けていません。

Café Latéral

出張でパリに来た友人のスケジュールが、日曜日の晩しかあいていない時。 良い感じのレストランは、たいがい日曜日は休み。年中無休営業のカフェを頼るしかない。 外食好きのあるフランス人に教えてもらったのがきっかけで利用するよう

/ Café Latéral はコメントを受け付けていません。

Café Latéral

出張でパリに来た友人のスケジュールが、日曜日の晩しかあいていない時。 良い感じのレストランは、たいがい日曜日は休み。年中無休営業のカフェを頼るしかない。 外食好きのあるフランス人に教えてもらったのがきっかけで利用するよう

/ Café Latéral はコメントを受け付けていません。

Germain

ひと月半ほど前に行った、Germainというカフェ。 日本から出張で来ていた友人Hさんと一緒に。 斬新で奇抜なインテリアにしては、意外に落ち着く空間。 テーブル同士の間隔が広く取られているからかな。 まだ12時を過ぎたば

/ Germain はコメントを受け付けていません。

Germain

ひと月半ほど前に行った、Germainというカフェ。 日本から出張で来ていた友人Hさんと一緒に。 斬新で奇抜なインテリアにしては、意外に落ち着く空間。 テーブル同士の間隔が広く取られているからかな。 まだ12時を過ぎたば

/ Germain はコメントを受け付けていません。

またまた夢のお菓子

すでに2度ほど書いているお菓子屋、La pâtisserie des rêves。 ある日の夕方、ちょっと小腹を満たそうと買ってみた、kouign amann(クイン・アマン)。 予想していた以上に繊細な生地に、バターの

/ またまた夢のお菓子 はコメントを受け付けていません。

またまた夢のお菓子

すでに2度ほど書いているお菓子屋、La pâtisserie des rêves。 ある日の夕方、ちょっと小腹を満たそうと買ってみた、kouign amann(クイン・アマン)。 予想していた以上に繊細な生地に、バターの

/ またまた夢のお菓子 はコメントを受け付けていません。