Posts Tagged 'メジャーカップ'

Courcelle-sur-Yvetteのブロカント | 2016/08

パリ市内に面白そうなブロカントが無いので、電車に1時間も揺られてやって来た南郊外のブロカント。ここに来たのは約1年半ぶりだ。恐ろしく暑い日だった上に最も気温が上がる時間帯で、着いて間もなく「なぜわざわざこんな遠い所まで1

/ Courcelle-sur-Yvetteのブロカント | 2016/08 はコメントを受け付けていません。

Courcelle-sur-Yvetteのブロカント | 2016/08

パリ市内に面白そうなブロカントが無いので、電車に1時間も揺られてやって来た南郊外のブロカント。ここに来たのは約1年半ぶりだ。恐ろしく暑い日だった上に最も気温が上がる時間帯で、着いて間もなく「なぜわざわざこんな遠い所まで1

/ Courcelle-sur-Yvetteのブロカント | 2016/08 はコメントを受け付けていません。

パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2015/05 前編

毎度楽しみにしているパリ3区のブロカント。もはや恒例になってしまった2度訪問の、前編。 19世紀末の農家で使われていた、木製の特大計量カップ。 Décalitreと書かれているので、10リットル用。家畜の餌を量ったりする

/ パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2015/05 前編 はコメントを受け付けていません。

パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2015/05 前編

毎度楽しみにしているパリ3区のブロカント。もはや恒例になってしまった2度訪問の、前編。 19世紀末の農家で使われていた、木製の特大計量カップ。 Décalitreと書かれているので、10リットル用。家畜の餌を量ったりする

/ パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2015/05 前編 はコメントを受け付けていません。

Joinville-le-Pontのブロカント | 2015/05

パリ東郊外のJoinville-le-Pont駅周辺では年に数回、3カ所でブロカントが開催される。今回訪れたのは、rue de Parisの一帯。 アルミ製のシャルロット型で、両耳の付いていないタイプを発見。耳付きの一般

/ Joinville-le-Pontのブロカント | 2015/05 はコメントを受け付けていません。

Joinville-le-Pontのブロカント | 2015/05

パリ東郊外のJoinville-le-Pont駅周辺では年に数回、3カ所でブロカントが開催される。今回訪れたのは、rue de Parisの一帯。 アルミ製のシャルロット型で、両耳の付いていないタイプを発見。耳付きの一般

/ Joinville-le-Pontのブロカント | 2015/05 はコメントを受け付けていません。

パリ10区(Bd. de Bonne-Nouvelle)と15区(Bd. de Vaugirard)のブロカント

1週間前の土曜日は珍しく終日仕事、但し昼食を挟んで空白が3時間あるという事を当日に知り、隙間時間を縫うように2カ所のブロカントへ… 自分でもあきれるブロカント中毒ぶりである。 まずは10区へ。 アルミ製のメジ

/ パリ10区(Bd. de Bonne-Nouvelle)と15区(Bd. de Vaugirard)のブロカント はコメントを受け付けていません。

パリ10区(Bd. de Bonne-Nouvelle)と15区(Bd. de Vaugirard)のブロカント

1週間前の土曜日は珍しく終日仕事、但し昼食を挟んで空白が3時間あるという事を当日に知り、隙間時間を縫うように2カ所のブロカントへ… 自分でもあきれるブロカント中毒ぶりである。 まずは10区へ。 アルミ製のメジ

/ パリ10区(Bd. de Bonne-Nouvelle)と15区(Bd. de Vaugirard)のブロカント はコメントを受け付けていません。

手作り計量カップ

友人Jさんがクリスマス前にプレゼントしてくれた、ガラス製の古い計量カップ。 おちょぼ口の注ぎ口がついている。そして目盛りは手彫り!鋭く尖った道具で、行きつ戻りつしながら横に長い目盛りを描いて行ったのがわかる。下から30、

/ 手作り計量カップ はコメントを受け付けていません。

手作り計量カップ

友人Jさんがクリスマス前にプレゼントしてくれた、ガラス製の古い計量カップ。 おちょぼ口の注ぎ口がついている。そして目盛りは手彫り!鋭く尖った道具で、行きつ戻りつしながら横に長い目盛りを描いて行ったのがわかる。下から30、

/ 手作り計量カップ はコメントを受け付けていません。

パリ8区(Bd. Haussmann, rue Tronchet)のブロカント

土曜日、Le Pecqの後に向かった、パリ8区のブロカント。着いて5分もしないうちに、すごい物を発見!やっぱりブロカントは、どこに何があるかわからない… その日その場所に行ってみるしかないのだ。 手前左にある

/ 2 Comments

パリ8区(Bd. Haussmann, rue Tronchet)のブロカント

土曜日、Le Pecqの後に向かった、パリ8区のブロカント。着いて5分もしないうちに、すごい物を発見!やっぱりブロカントは、どこに何があるかわからない… その日その場所に行ってみるしかないのだ。 手前左にある

/ 2 Comments

パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2011/05

先週金曜日は、年2回の開催が楽しみなパリ3区のブロカントへ。朝から張り切って出かけたら、まだ品出し中のスタンドも多く、結局2回ほど同じ道をウロウロして時間潰し。5月にしては寒い日だった。 ワイン色で花柄が描かれたSarr

/ One Comment

パリ3区(rue de Bretagne)のブロカント | 2011/05

先週金曜日は、年2回の開催が楽しみなパリ3区のブロカントへ。朝から張り切って出かけたら、まだ品出し中のスタンドも多く、結局2回ほど同じ道をウロウロして時間潰し。5月にしては寒い日だった。 ワイン色で花柄が描かれたSarr

/ One Comment

Le Vésinetとパリ12区(Bd.Reuilly)での収穫

土曜日のLe Vésinetとパリ12区での収穫。 ワイン色×黒の幾何学模様のラヴィエ(オードヴル皿)、アールデコ時代の物と思われる。 手編みと思われるレースリボン Bar-le-Ducというスグリのジャム専用瓶。Bar

/ Le Vésinetとパリ12区(Bd.Reuilly)での収穫 はコメントを受け付けていません。

Le Vésinetとパリ12区(Bd.Reuilly)での収穫

土曜日のLe Vésinetとパリ12区での収穫。 ワイン色×黒の幾何学模様のラヴィエ(オードヴル皿)、アールデコ時代の物と思われる。 手編みと思われるレースリボン Bar-le-Ducというスグリのジャム専用瓶。Bar

/ Le Vésinetとパリ12区(Bd.Reuilly)での収穫 はコメントを受け付けていません。

Saint-Maur-des-Fossés(Abbaye)とTremblayのブロカントでの収穫

売り手は50歳くらいの女性、彼女の祖母の持ち物だそうで、大事にされていたのがよくわかる。手前のアーモンド型の皿はRavier(ラヴィエ)といって、オードヴルを盛るのに使うのだとか。白地が薄いカフェオレ色に変色して、いい味

/ One Comment

Saint-Maur-des-Fossés(Abbaye)とTremblayのブロカントでの収穫

売り手は50歳くらいの女性、彼女の祖母の持ち物だそうで、大事にされていたのがよくわかる。手前のアーモンド型の皿はRavier(ラヴィエ)といって、オードヴルを盛るのに使うのだとか。白地が薄いカフェオレ色に変色して、いい味

/ One Comment