Le Pecqのブロカント その1

今朝は、パリ西郊外の町Le Pecq(ル・ペック)へ。Les Halles駅8:53発のRER A線に乗って出発。気温12度、午後は24度まで上がるという予報です。
P1020578.jpg
以前行ったヴェジネと同じ駅で降りて、セーヌ川方面へ向かって歩きます。
駅のそばに並ぶのは豪邸ばかり。町の中心地に近づくと、少しくだけた雰囲気。カフェを見つけたので、4人で軽く朝食を摂ります。
P1020579.jpg
Georges Pompidou橋からの眺め。
P1020580.jpg
わが家の近くには川が無いので、水を見るとなんだかうれしい。
セーヌ川にかかるこの橋の下がブロカント会場。橋を渡りきるまで何の案内板もなかったので少し不安になったものの(いつものことだ)、ありました!スタンド数は150弱というところ。チーズ、ソーセージ、蜂蜜などの業者のスタンドや、アフリカのお面を売るスタンドなどもあり。先週行ったような田舎の村のお祭りとは違って、子供の姿はあまり見かけません。食べ物の屋台も、クレープ屋がひとつだけ。
規模の割にはプロが多めだったような… しかも、プロのスタンドでは目の保養をするだけのはずが、素敵なものを見つけたので色々と買ってしまう羽目に。

約1時間半ほどで買い物終了。せっかくここまで来たので、高台に見えるお城のようなものを見に行こうということに。
P1020583.jpg
この道沿いにも、大きな庭付きの豪邸だらけ。りんごの木の枝が道に迫り出して、元気に実っています。
しばらく行くと、高台に登る階段を発見。19世紀終わり頃には水圧式のエレベーターが造られたものの、維持費用が高く付きすぎるのでなくなったという説明書きが。
P1020584.jpg
階段の中腹から。
P1020587.jpg
登り切りました。
P1020588.jpg
それにしても、大きなお家ばかりです。家の敷地内に、道がある…
P1020586.jpg
さらにこの階段を登っていくと…
(つづく)