Croissy-sur-SeineとAuvers-sur-Oiseでの収穫

さて、先日の濃~い日曜日の収穫を、二カ所分まとめて。
IMG_1701.jpg
またジャム瓶が増えています。5つも!どんぶり鉢みたいな形のも古いものだそうです。(Croissy)

刺繍のハンカチ。(Croissy)

左手前の白いのは、エンボスで花模様が描かれた乙女チックな一筆箋(だと思う)。Cさんとおそろいで1つずつ購入。(Croissy)

今回のお宝は、Danoneのヨーグルトの瓶。実はずっと探していて、もう見つからないものなのだとほとんどあきらめていたところ、ひょこっと現れた。Cさん、見つけてくれてありがとう!(Auvers)

ダノンの瓶の右手にある白い蓋付きのものは、フォアグラ入れだそうです。(Auvers)
売り手の人と話しているうちに、以前Sait-Maurで買ったアルザスの民族衣装の人々の絵がついた容れ物も、フォアグラ用である事が判明。何を容れるものかわからず気になっていたのですっきりした!

鍋敷きもまた買っています。実はもう1つあるのだけれど、洗っている最中に、上塗りされていたペンキがはがれてオリジナルの地のホーローがでてきたので、がんばって全部はがしてしまおうと奮闘中。(Auvers)

哺乳瓶、これはPYREX社製。隣の緑色の瓶は、天然水VICHY(ヴィシー)の瓶。売り手の人は1930年代のものだと言っていた。その横の瓶は、絵と文字にグッと来て購入…

Cacaolat(カカオラ)という飲み物の瓶、おそらくコーヒー牛乳みたいなものだったのでしょうか、書体がCoca Colaに酷似。コカコラとカカオラか、そのセンス最高!(Auvers)

瓶の手前には、木の取っ手付きのアルミ小鍋。同じ形で全体がアルミ製のものはいくつか持っていますが、木とのコンビもなかなか素敵。キッチンの壁のフックに引っ掛けておいて、調理中に切った野菜をひとまず入れておいたりできるので、重宝している。(Croissy)
小鍋の中には、競馬場の切符パンチ器。Saint-Maurで見つけたのに続いて2個目。(Croissy)

楕円型のブリキ製の物体は、売り手の男性は「ポテト用マッシャー」だと言っていたけれど、たまたま通りがかった別の男性は「魚の鱗取り」だと。確かにじゃがいもをつぶすにはちょっと使いにくそうな形なので、鱗取りに一票。結局何に使うものかよくわからないけれど、またいつか、わかる日が来るかもしれないので、お楽しみ。(Croissy)
IMG_1704.jpg
Croissy-sur-Seineで見つけた中で、一番のお気に入りはこのアルミポットとピッチャー。見つけて5秒で購入。ピッチャーの取っ手のぽちっと膨らんだところとか、注ぎ口の直線と曲線が絶妙に組み合わさったところとかが素晴らしい。ポットの方は、ハイウエストのドレスを着た女性を思わせるシルエット。
今週末も晴れるといいな…