Auvers-sur-Oiseのブロカント その7

パリ北駅でCさんと別れ、それぞれ家路に。
家に帰って、ふと思い出しました。
「そういえば昨日、本をいただいたけど、あれは…」

ゴッホの本だ!

ブロカントの前日の土曜日、久々に会った友人から「預かりもの」だといって、一冊本をもらっていたのです。

『ゴッホ 旅とレシピ』
この本を作った編集者の方からのプレゼントです。
翌日は、朝から一気にこの本を読みました。
でてくるでてくる、オヴェール=シュル=オワーズの地名。風景の写真。まさに前日体験したそのまま。なんだかすごい共時性の中に身を置いた気分。
ブロカントももちろん面白かったけれど、それにまつわる他の出会いが濃くて面白い体験でした。この日のことはおそらく、一生覚えていると思います。

2 Comments

  1. チキータ

    一気に読んでしまったわー!
    ほんとに長い濃い、でも
    素敵な一日だったよね。
    ミカエル君のお父さんの車の中も
    盛り上がって楽しかったね。
    本当にいろんな良い人たちに
    出会って、
    いろんな事が不思議と繋がってて
    素敵な一日だったわ☆

  2. paris_saisai

    チキータ
    本当に濃かったよねー。一日で三日分、みたいな気分。書くのもえらく長くなった!