Triel-sur-Seineのブロカント その2

9:27にTriel-sur-Seine駅に到着。

時計のデザインが可愛らしい。

駅前はこんな感じで、レンガ造りの古い建物が多い。

歩いて10分ほどで、ブロカントの端っこと対面。
そこからセーヌ川沿いまで、300ほどのスタンドが並ぶ。

それにしても、寒い!もっと厚着をすればよかったと、着いて早々に後悔する。
おまけに川沿いは、寒さ倍増。手がかじかんで、小銭を取り出すのにもひと苦労。

飼い主よりも大きな犬。
右の女性は通りがかりに犬を撫でていただけ。私が犬にカメラを向けたらわざわざ離れてくれたけれど、笑顔が素敵なので写真に入ってもらう。
改めて見ると、写っている人がみんな、首をすくめて寒そうにしている。フリースやダウンを着ている人もたくさんいた。まだ9月なのに。

恒例のブロカントごはん。
この日はシポラタを売る屋台がなかったので、Andouillette(アンドゥイエット)とポテト、4ユーロ也。

このアンドゥイエット、焼きたてでものすごく熱かったため、口の中を火傷した。
プラスチックのフォークとナイフを持ってくればよかった。

ハフハフ言いながらお昼を食べている横を、

脚長おじさん(?)が通る。
(つづく)